健康について

ここでは、健康について に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
美肌のために、皆様も色々と対応されていることでしょうが

きれいな美肌とスリムなボディに若返るための効果につながるのが、
よく噛んで食べること! です。

よく噛むことで、唾液に含まれる「若返りのホルモン」と呼ばれる
パロチンが分泌され、細胞の老化を防いでくれます。

また、よく噛むと味覚が刺激されて、ノルアドレナリンという物質も分泌され、
全身の細胞の活動が活発化させて、肌や体がますます若返りしてきます。

それに、よく噛むと栄養分の消化吸収が早く開始され、
少ない量で満腹感が得られるので、ダイエットにも効果抜群です。


食べ物をよく噛むだけで、美肌に若返り、ダイエット効果でスリムなボディが作られるのです。

皆さんも、食事の際にはよく噛んで食べましょう♪

便秘を解消するためには、オリゴ糖です。

「便秘を解消するために何がいいの?」
と思われたときは真っ先にオリゴ糖を摂るのが効果的です。


現代人の便秘の多くは、欧米型の食生活、インスタント食品、添加物たっぷりのお菓子、などの影響で腸内環境の悪化が原因となることが多いからです。

善玉菌優勢の本来の腸内環境を整えて、腸の働きを活発にし、便秘を手っ取り早く改善するには、腸内に生息している善玉菌のエサになるオリゴ糖を摂取することなのです。

☆オリゴ糖は食品や母乳にも含まれる天然素材で副作用の心配がない。
☆オリゴ糖は消化吸収されにくい糖でカロリーオーバーの心配なし。
☆水に溶かせばジュース代わりになり飲みやすい。
☆虫歯になりにくく子供にも安心して飲ますことができる。
☆熱や酸に強く料理の甘味料としても使用できる。

オリゴ糖は、体内で積極的に吸収されないので、消化管内に長く留まることができます。その留まっているオリゴ糖の一部が乳酸菌の餌となり、大腸の善玉菌を増やしてくれます。

食物繊維の整腸効果も、主に腸で体積が膨らむことと、酸の作用で便通が良くなるものなので、乳酸菌も食物繊維もオリゴ糖と組み合わせることでさらに効果が期待できるわけです。だからオリゴ糖を真っ先に摂取すべきなのです。

クチコミとネットで火がついて日本一選ばれているオリゴ糖
妊娠中・ダイエット中でも使える健康食品



ほうれん草は、肌の老化を助けてくれる野菜で知られています。

美しさを保つためなら、エステや高級クリームに高額を投じるのがセレブですが・・・
野菜が美肌を保つ一助となっていることも、重要です。
「オーガズムとほうれん草」そして「仕事に没頭して汗をたくさんかくこと」が、
特効薬です。

ほうれん草やその他の青物野菜をブレンドしたジュースが美容に良いことは
科学的にも実証されています。

こうした青物野菜に含まれる植物性栄養素は、体内のデトックスや生体内変化を促進して
美しい肌を生み出すもとになるとのこと。

これなら、お金もかからず私たちも真似できそうですよね。

「病院や薬をやめれば、病気が治り元気になる。」
・・・と言われたら、どう思われますか?

「そんなバカな!ありえないだろう!!」
と思われますか?

病院では、病気を治せないのです。
「病院は病気によって出た症状をやわらげることは出来るが、
病気そのものはほとんど治せない」
という考え方が広がりつつあるのは確かです。

病院というのは、体に現れた症状をどうして抑えるか、
に主眼が置かれたものでありますから、仕方ない一面もあるそうです。

病気は、基本的に自分自身で治すものです。
自分の自然治癒力を高めて治すものなんだと、認識してください。


また、薬を飲むだけでは何も解決しません。

例えば、風邪ひとつとっても、風邪そのものを治すという薬はありません。
喉の痛みをやわらげたり、 熱を下げたりする薬を出してもらっているだけなのです。

その薬も胃に負担をかけるものが多く、同時に胃腸薬をさらに処方されたりします。
3つも4つも薬を飲まされて、それが肝心の病気を治すものではなく、
副作用を抑える為に飲んでいる・・・などということも多いです。

基本的に、薬は毒です。
実は、薬というものは、基本的に「体に毒」であるものが多く、
一時的にどうしても仕方ない場合に服用するならともかく、
長期的に(あるいは継続して)飲み続けて良いものは一つもないそうです。


ある薬を飲んだら副作用が出るので、それを抑えるために、
また別の薬を飲んで・・・ またその副作用を抑えるために別の薬を飲んで、
と際限なく薬を出された なんて話聞いたことありませんか?


体にいいものなら、別の薬で副作用を抑える必要なんて無いはずです。

風邪は寝ていれば治るというのを忘れていませんか?
そもそも、風邪というものは、安静にしていれば治るものなのです。
またその他の病気も、ちゃんとした食事や生活で防げるものですし、治るものなのです。


病院には行かない事、薬は飲まない事・・・ です。


春ですが、この時期は肌の調子が悪くて・・・という人もいらっしゃるのではないでしょうか。

空気は乾いているし、紫外線も急増。
乾燥肌はバリア機能が低下し、外部刺激を受けやすく、それでさらにバリア機能が低下して……
という悪循環が、春の肌トラブルを深刻なものにするのです。

何かいいコスメでも……と真っ先に考えがちですが、
まず、見直すべきは食生活なのかもしれません。

外側からのスキンケアももちろん重要ですが、腸内環境を良くして体調を整えることという
“内側からのケア”が、スキンケアではもっとも重要なベースとなります。
腸内環境を整えながら、お肌に良いものを食事で積極的にとり、
そこに“外側からのケア”を上乗せしていくことがポイントです。

つまり、甘いものやお菓子、あぶらっぽいものをモリモリ食べない! ということ。

「皮膚は内臓の鏡」という言葉もあるそうです。
便秘による肌荒れに悩んでいる人は実感できるかと思いますが、それは、
かたよった食事や暴飲暴食、運動不足などで腸内環境が悪くなり、腸の働きがにぶっているから。

腸の中で増えた悪玉菌が、便秘でたまった老廃物を分解して腐敗が発生。
こうしてできた腐敗産物が、血液に吸収されてからだの中をめぐって、肌が荒れてしまうのです。
便秘を改善し、腸のコンディションを整えてくれる、乳酸菌やオリゴ糖、食物繊維などを
積極的にとって、快便習慣を身につけるのが春肌トラブル解消への第一歩となるわけです。


腸内環境が整ったら、肌をつくっているものを摂るのが、次のステップです。
肌をつくっているもの……といえば、そう。コラーゲンとセラミドです。

とはいえ、コラーゲンの分子はとても大きく、また、コラーゲン繊維は水にとけないので、
体内に吸収されにくいそうです。

しかし、ミルク由来のセラミドをヨーグルトと一緒にとると、その吸収が促進され、
なんと、血中への吸収量は約2倍になったという最新の実験結果が報告されています。

腸を整える食べものとして、真っ先に思い浮かぶヨーグルトは
「腸を整える」と「肌をつくるものをとる」という、
“内側からのケア”を効率よく取り入れることができる食品なのです。

ヨーグルトにはイライラをおさえるカルシウムも含まれています。
冷蔵庫にヨーグルト……春のすこやかライフの必需品かもしれませんね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。