足の裏の皮膚の問題について

ここでは、足の裏の皮膚の問題について に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
足の裏の皮膚が硬化する現象は、何らかの原因があって生じます。

たとえば、歩行中の靴の中に入った小さな石やカラスの破片・あるいは金属線が皮膚にめり込んだ場合、
これらの異物を排除するために、皮膚が盛り上がってきます。
この場合には、風呂上がりに毛抜きなどを使って柔らかくなった硬化皮膚を除去することにより、
表面に露出してくる異物を抜き取ることができます。
こうしたことは歩行中に発生しますので、長距離を歩く場合などには
厚めの靴下をはけば、ある程度防ぐことができるでしょう。

もう一つのケースは、水虫に感染した場合です。
水虫を排除しようという防衛機構が働いて、皮膚が盛り上がってきます。
この場合には、広範囲に皮膚の硬化、隆起が起こりやすいです。
水虫が原因の場合は、抗真菌剤を塗布して水虫菌を殺してから皮膚を除去する必要があります。
指の爪で皮膚を取る行為は絶対にしてはいけません。間違いなく爪水虫に感染します。

この他、ウイルス感染なども、皮膚硬化の原因になると考えられます。

いずれにしても、硬化した皮膚を除去することと、その原因を確かめて再発を防止することが
必要かつ大切なことです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。