良い汗をかくことでお肌の環境を整える

ここでは、良い汗をかくことでお肌の環境を整える に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ最近はずっと暑さが続いていて、夏本番ですよね。
暑い夏といえば、いやなものが思い浮かびませんか?
そう、汗です。

「汗をかくとべたつき、テカリが・・・」「化粧が崩れる・・・」

汗をかくことが好きと言う人はいないのではないでしょうか。

冷房の効いた部屋でのんびり過ごすのは、快適ですが、ただし
「汗をかく」ことの効能は、忘れたくないものです。

では、いい汗とは、どんな汗なのでしょう?

汗には、以下のような3つの種類があります。

・辛い味のものや、すっぱいものなどを食べたときに額や鼻などにかく汗。 (味覚性発汗)

・暑い時や運動した時に体温調節のために体全体にかく汗。 (温熱性発汗)

・緊張したり驚いたり興奮した時など感情の変化によって出てくる汗。 (精神性発汗)

精神的なものも肌の状態に大きく影響します。精神性発汗は、肌にとってもよくありません。

肌は弱酸性に保たれ、雑菌の繁殖を防いでいますが、精神性発汗による汗は
アルカリ性で黄色ブドウ球菌やアクネ菌など雑菌が繁殖しやすい環境になります。
皮膚にいる常在菌の中の肌にとって、よくない雑菌が悪い汗を餌として繁殖するのです。

しかし、精神性発汗でなくとも汗がアルカリ性で悪い汗をかいている方が多いそうです。

肌にとっていい汗とは、大切なミネラル分が汗とともに体外に排出されないで、
ほとんどが血液中に再吸収され、水分だけが排出されるようになっている汗です。

汗をかかない生活をしていると、交感神経を鈍らせ、体の各器官が正常に働かなくなり
汗腺の機能も鈍り、ミネラル分の再吸収がおこなわれず、肌作りに必要なミネラル分が
水分と一緒に体外に排出されてしまいます。

悪い汗をかいて血液中のミネラル分を大量に出してしまうと、血液はこれを補うため、
体中の細胞からミネラル分を横取りしてしまい、細胞はミネラル不足になります。

すると、肌に影響が出てくるのです。夏バテにもつながります。

この汗は、普段から汗をかかない生活をしている人が、突然暑い場所に出た時にかきやすく、
大量な汗をかいてしまうことが多く、特有なにおいがあるそうです。

良い汗をかくには、1日数回暑い飲みものを飲んで高体温に保ったり、ウォーキングなどの
軽い運動をしたり、入浴する時は浴槽につかったりして発汗する習慣をつけたり、
エアコンをつける場合も設定温度は、外気温の-5度以内にしたりするといいそうです。

良い汗をかいてお肌の環境を整えるように工夫することが必要です。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。