夏肌のスキンケアのコツ

ここでは、夏肌のスキンケアのコツ に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏になり、日差しの強さもすごくなってきましたね。

肌へのダメージを残さないためにも、日差しへのスキンケアを心がけることが大切です。
肌の老化にも影響してきますので、面倒くさがらず、正しいお手入れをしたいものです。

夏の疲れた肌への対策方法をご紹介します。

夏肌のスキンケアのコツ

ポイント1:キメ細かい泡で優しく洗顔を

汗をよくかき、メイク崩れなどもおきやすい夏。
自分が思っている以上に、肌は汚れています。
メイク落しや洗顔は手を抜かず、しっかり行いましょう。

ただし、絶対にゴシゴシ洗ってはいけません。
洗顔フォームや洗顔石鹸を使うときは、よく泡立てキメ細かい泡をたっぷりと作りましょう。
泡立ちネットなどを使用すると、簡単に泡立てることができます。

作った泡を顔に乗せ、泡を肌の上で転がすように指の腹を使って、
顔の中心部分から外側に向けてクルクル回しながら優しく洗っていきます。
洗顔をするときは、汚れているからといって力を入れず優しく洗いましょう。
優しく洗うことで、キメ細かい泡が毛穴に入り込み、汚れを取り除いてくれます。

メイク落としや洗顔料はお肌に洗い残しがないように、丁寧に洗い流しましょう。
肌に残っていると、それが肌トラブルの原因になってしまいます。

ポイント2:化粧水パックを使うなど、保湿をしっかりと

夏は、じめじめし自分の肌が乾燥していることに、なかなか気づけません。

紫外線を浴びたりクーラーのきいた部屋に長くいると、肌はかなりダメージを受け、
乾燥しがちです。化粧水などや乳液などのスキンケアは手を抜かずにたっぷりしましょう。

3日に1度くらいのペースで化粧水のパックをしてしっかり肌に水分をいきわたらせれば、
その後の肌はもちもちに復活してくれます。

ポイント3:冷やした化粧水で肌をクールダウン

紫外線を浴びすぎると、夜になっても顔が熱くほてったように感じることがあります。
このほてりをその日のうちに抑えて開いた毛穴が引き締しめることで、
たるみやにきびなどの予防にもなります。

夏は化粧水を冷蔵庫で冷やし、入浴後のスキンケアでお肌を冷やしましょう。
冷たい缶ジュースなどを肌の上でコロコロ転がしても、簡単にほてりを抑えることができます。




紫外線は夏だけにとどまらず年中降り注いでいます。常に普段のスキンケアは丁寧に!

そして、できるだけ紫外線を浴びないよう、日傘や帽子、日焼け止めなどを
ちょっとの時間でも使うようにして、肌へのダメージを少なくしましょう。

紫外線対策と普段のスキンケアをしっかりすることが、美肌を維持するために重要なポイントです。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。