FC2ブログ

ほうれい線ケアの秘訣

ここでは、ほうれい線ケアの秘訣 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほうれい線を悪化させる代表的な原因は、3つあります。


(1)ハリ・弾力の低下
弾力があってハリのある若い肌は、表情の変化や重力に負けることなく
ピンと張った状態を保っています。ところが、紫外線による光老化や
乾燥・加齢によってハリや弾力が失われると、表情の変化によってしわが
つきやすくなったり、肌が自らの重みを支えきれなくなってしまいます。
ハリ・弾力の低下はほうれい線を深刻化させる最大の原因のひとつです。

ただ、このタイプのほうれい線はハリや弾力を取り戻せば解消に向かうため
コスメでのケアが最も効果を発揮しやすいタイプともいえます。
根気強くほうれい線対策を続けることがカギです。


(2)筋肉の衰えによるたるみ
顔を覆う筋肉のうち、頻繁に活躍する筋肉は全体のたった3割程度。
つまり顔の筋肉の大半があまり使われていないのです。筋肉は使わないでいると
衰える一方。皮膚の重みを支えきれなくなり、皮膚が垂れ下がってしまいます。
この「筋肉の衰えによるたるみ」が引き起こすほうれい線の解消のカギは、
ズバリ「筋トレ」。フェイササイズなどを取り入れたほうれい線対策が必須です。


(3)生まれつきの原因
ほうれい線の現れには骨格や筋肉の付き方など、生まれつきの原因も関係しています。
肌の衰えとは無縁な年頃からほうれい線で悩まれる方は多く、このような方の
ほうれい線は骨格や筋肉のつき方が関係しているようです。
赤ちゃんでもほうれい線がある子がいるのがいい例です。
このタイプのほうれい線はスキンケアだけでは解消が難しいため、
美容外科でのプチ整形的アプローチを加えた対策がオススメです。




★30代からのほうれい線ケア★Pure&Silk(ピュアアンドシルク)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。