FC2ブログ

薬は飲まないことが良いです

ここでは、薬は飲まないことが良いです に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「病院や薬をやめれば、病気が治り元気になる。」
・・・と言われたら、どう思われますか?

「そんなバカな!ありえないだろう!!」
と思われますか?

病院では、病気を治せないのです。
「病院は病気によって出た症状をやわらげることは出来るが、
病気そのものはほとんど治せない」
という考え方が広がりつつあるのは確かです。

病院というのは、体に現れた症状をどうして抑えるか、
に主眼が置かれたものでありますから、仕方ない一面もあるそうです。

病気は、基本的に自分自身で治すものです。
自分の自然治癒力を高めて治すものなんだと、認識してください。


また、薬を飲むだけでは何も解決しません。

例えば、風邪ひとつとっても、風邪そのものを治すという薬はありません。
喉の痛みをやわらげたり、 熱を下げたりする薬を出してもらっているだけなのです。

その薬も胃に負担をかけるものが多く、同時に胃腸薬をさらに処方されたりします。
3つも4つも薬を飲まされて、それが肝心の病気を治すものではなく、
副作用を抑える為に飲んでいる・・・などということも多いです。

基本的に、薬は毒です。
実は、薬というものは、基本的に「体に毒」であるものが多く、
一時的にどうしても仕方ない場合に服用するならともかく、
長期的に(あるいは継続して)飲み続けて良いものは一つもないそうです。


ある薬を飲んだら副作用が出るので、それを抑えるために、
また別の薬を飲んで・・・ またその副作用を抑えるために別の薬を飲んで、
と際限なく薬を出された なんて話聞いたことありませんか?


体にいいものなら、別の薬で副作用を抑える必要なんて無いはずです。

風邪は寝ていれば治るというのを忘れていませんか?
そもそも、風邪というものは、安静にしていれば治るものなのです。
またその他の病気も、ちゃんとした食事や生活で防げるものですし、治るものなのです。


病院には行かない事、薬は飲まない事・・・ です。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。