FC2ブログ

肌の保湿を保つ役割をするのは

ここでは、肌の保湿を保つ役割をするのは に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アミノ酸のアンチエイジング効果についてご紹介します。

空気が乾燥すると、肌も乾燥しがちになりますよね。
肌の乾燥は、肌の老化を早め、敏感肌やニキビ、シワ、シミ、たるみなど、
あらゆる肌トラブルを引き起こします。

肌を若く保つには、まず、肌の保湿を保つことが大切です。
肌の保湿を保つ役割をするのは、角質層内にあるNMF
(ナチュラル・モイスチャライジング・ファクター)と呼ばれる天然保湿因子。
NMFは、水分を角質層の中に閉じ込めて蒸発を防ぎ、肌に潤いを与えます。
このNMF主成分がセリンやプロリンなどのアミノ酸です。

肌のターンオーバーも肌の若さを保つのに重要なポイントです。
アミノ酸は、血行を良くして新陳代謝を活発にし、シミやくすみを改善します。

また、システインとグリシン、グルタミン酸が結合してできる
グルタチオンは、強力な抗酸化作用があり、老化の原因となる
活性酸素や過酸化脂質を除去します。また、解毒作用もあります。

アミノ酸は、お肌の老化現象でもっとも気になるシワやたるみにも効果的です。
肌のハリや弾力を保つコラーゲンは、お肌の真皮層の約70%を構成しています。
肌の主成分であるコーゲンは、プロリン、アラニン、グリシンなどの
アミノ酸を原料として作られています。

肌の老化が気になりだしたら、アミノ酸を補給して老化しない
肌を手に入れましょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。