FC2ブログ

肌荒れに有効な成分

ここでは、肌荒れに有効な成分 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月も後半になりました。

冬の肌のダメージケアのためには、ビタミンをしっかり摂って対策しましょう。
肌荒れには、ビタミン不足が大きく関係しています。


肌荒れに有効な成分は、以下のとおりです。


◎ポリフェノール

紫外線などで発生する活性酸素を消去し、肌の酸化(老化)を防いでくれます。
お茶・チョコレート・緑黄色野菜・赤ワインなどから摂取できます。



◎抗酸化ビタミン(A・C・E)

活性酸素を消去し、ダメージから肌を守ります。

ビタミンA:
活性酸素を消去したり、紫外線を弱めたりで細胞を守ります。
皮膚や粘膜に栄養を与えて肌のつやを保ちカサつきを防ぎます。
緑黄色野菜から摂取できます。

ビタミンC:
メラニン色素を還元しシミを薄くする、細胞を修復します。
コラーゲンの生成に関わる酵素の働きを助け、コラーゲンを維持します。
果物や野菜から摂取できます。

ビタミンE:
血行を良くし新陳代謝を活発にする。メラニン色素排出。
植物油・ナッツ類・かぼちゃから摂取できます。


◎セラミド

角質層の細胞間脂質を構成し、お肌の水分保持機能を高めます。
キメが細かくなりメラニン色素を押さえます。
玄米・穀物類・こんにゃくから摂取できます。


◎ヒアルロン酸

水分保持力が強い成分で保湿向け。
免疫機能を正常化、皮膚の老化防止、関節痛の緩和、脳の若返り、
目や血管の弾性と張りを保持、生理機能の改善など多機能。
カレイ・ウナギ・鶏肉から摂取できます。


◎ビタミンB2

にきびや湿疹、口内炎や口角炎や唇の荒れなどを防ぎます。
成人が一日に必要な量は1.2~1.6mgと少なく3食で補えますが、
体内に保存して置けないためこまめな摂取が必要です。
肉類・乳製品・豆・ナッツ・卵から摂取できます。


お肌の改善に効くのは、やはり生活習慣の改善です。
しっかり食べて肌も健康も良くしていきましょう。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。