FC2ブログ

カサカサになってしまった肌の対策

ここでは、カサカサになってしまった肌の対策 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬になると、肌がカサカサになることも多いですが
カサカサになってしまった肌も、食事に気をつけることで改善させることができます。

乾燥肌は、肌から必要以上に水分が失われてしまう現象をいいます。
人の肌は水分を保つために、皮脂膜という天然の保湿クリームを作っています。
皮脂腺から排出された皮脂と汗によって、皮脂の表面に膜を作り、保護しているのです。
この皮脂腺が、現代人には少なくなっている といわれています。

乾燥肌対策にいいとされている栄養素は、ビタミンです。
特にビタミンA、B、Eは重要です。

ビタミンAは、肌に潤いをキープするだけでなく、
新陳代謝を正常にしてくれる働きがあります。
ビタミンAが多く含まれる食品の代表選手は、ウナギやレバーです。
そのほかに、サバやイワシなどの青魚、緑黄色野菜、わかめなどがあります。

次に、ビタミンBですが、ビタミンAと同じく新陳代謝を活発にしてくれるうえに
肌が乾燥することで起こる炎症を抑えてくれます。
ビタミンBが多く含まれる食品は、豚肉やレバー、卵、大豆などがあります。
中でも大豆には、ビタミンEと良質なたんぱく質が多く含まれていますので、
美肌には欠かせない食品です。
しかし、ビタミンBは、加熱すると壊れてしまうという欠点がありますので、
なるべく生で食べるようにするといいでしょう。
生で食べられるものの代表が納豆です。納豆の中に含まれるポリグルタミン酸には
保湿成分があり、化粧品にも使われています。

そしてビタミンEですが、これには肌に潤いを与え、
血液の循環をよくする働きがあります。
ビタミンEを多く含む食品には、ゴマやアーモンドなどのナッツ類があります。
簡単に手に入り食べやすいものですが、カロリーが高いので食べ過ぎには注意しましょう。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。