2014年12月

ここでは、2014年12月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほうれい線を悪化させる代表的な原因には、3つがあります。


(1)ハリ・弾力の低下
弾力があってハリのある若い肌は、表情の変化や重力に負けることなく
ピンと張った状態を保っています。ところが、紫外線による光老化や
乾燥・加齢によってハリや弾力が失われると、表情の変化によってしわが
つきやすくなったり、肌が自らの重みを支えきれなくなってしまいます。
ハリ・弾力の低下はほうれい線を深刻化させる最大の原因のひとつです。

ただ、このタイプのほうれい線はハリや弾力を取り戻せば解消に向かうため
コスメでのケアが最も効果を発揮しやすいタイプともいえます。
根気強くほうれい線対策を続けることがカギです。


(2)筋肉の衰えによるたるみ
顔を覆う筋肉のうち、頻繁に活躍する筋肉は全体のたった3割程度。
つまり顔の筋肉の大半があまり使われていないのです。筋肉は使わないでいると
衰える一方。皮膚の重みを支えきれなくなり、皮膚が垂れ下がってしまいます。
この「筋肉の衰えによるたるみ」が引き起こすほうれい線の解消のカギは、
ズバリ「筋トレ」。フェイササイズなどを取り入れたほうれい線対策が必須です。


(3)生まれつきの原因
ほうれい線の現れには骨格や筋肉の付き方など、生まれつきの原因も関係しています。
肌の衰えとは無縁な年頃からほうれい線で悩まれる方は多く、このような方の
ほうれい線は骨格や筋肉のつき方が関係しているようです。
赤ちゃんでもほうれい線がある子がいるのがいい例です。
このタイプのほうれい線はスキンケアだけでは解消が難しいため、
美容外科でのプチ整形的アプローチを加えた対策がオススメです。




★30代からのほうれい線ケア★Pure&Silk(ピュアアンドシルク)


スポンサーサイト
皆様、こんなお悩みはございませんか?

 ・乾燥が気になる
 ・吹き出物
 ・しみ・しわ
 ・くすみ
 ・体がだるい
 ・寝起きが悪い

そんなお悩みの方におすすめなのが、ピュルサンプラセンタです。



10/1のナノレベルだから馬プラセンタ成分がしっかり浸透。
豚プラセンタの濃度296倍だからこそ、翌日からキレイを実感できます。
→ ピュルサンプラセンタ
「きちんとお手入れしているつもりなのに、冬にはカサカサになってしまう」
という方は多いのではないでしょうか?

「カサカサなのは水分が不足しているから」と思ってしまいがちですが、
冬の乾燥肌に足りないのは水分だけではありません。実は、皮脂も不足しているのです。
「なぜか冬にはカサカサに」
「もともと乾燥しがちな肌質だけど、冬はますますひどくなる」
といったことはありませんか?
冬になると、肌質に関係なく誰もがカサカサ肌に悩まされるのは、
肌が、水分も皮脂も不足しがちな環境にさらされてしまうからなのです。

では、いったいなぜ、冬には水分も皮脂も不足してしまうのでしょうか?
それは、外気や暖房のきいた部屋の乾燥した空気が、肌のバリア機能を
低下させてしまうからです。皮膚の一番表面には角質層があり、
ウイルスや微生物などから皮膚を守る役割を果たしています。
しかし、乾燥した空気によって肌が乾燥すると、この角質層がめくれてしまい、
まず、水分を保持する能力が低下します。さらに、角質層がめくれたことで、
細胞の間を埋めている脂質も保持できなくなってしまうのです。

冬のカサカサ肌を解消するには、水分と脂質、どちらも補給してあげることが大切です。
水分は化粧水で、脂質は乳液で補います。
さらに、バリア機能が低下した角質層の代役となるのが保湿クリーム。
これをプラスすることで、水分と脂質を保持することができます。

カサカサ肌の方におすすめのブランドとしてご紹介したいのが
「資生堂 ベネフィーク リニュー」。
ローヤルゼリーや高麗人参、甘草、シャクヤク、月見草などが配合され、
肌の良循環を促すロングセラー「資生堂 ベネフィーク」のワンランク上のブランドです。
ぜひ参考にしてみてください。

ベネフィーク リニュー エッセンス(美容液) 40ml <27222>



ベネフィーク リニュー マッサージクリーム n (医薬部外品) 80g <24346>


朝晩の冷え込みが厳しくなりました。


「最近どうも顔色がさえない。くすんでいる気がする。」

「飲みすぎでないのに、なんだかフェイスラインが緩んでいる。」

「睡眠時間はたっぷりとっているのに、クマがひどい。」


このような、お肌の変調が出てきていませんか?



そうそう・・・と感じられた方は、“カラダの冷え”がもたらす不調かもしれません。


実は、お肌にとって「冷え」は大敵なんです。


冷えの改善に重要な「めぐり」のいいカラダになるよう、
カラダを温めるフットケアが重要です。


オススメは、バスタイムの足つぼマッサージです。


ゆっくりと湯船に浸かりながら、足の裏をもみほぐすことで、
カラダの芯からポカポカと温かくなるのです。


日課にしてから、翌朝の肌のツヤが良くなり
「最近、肌キレイになってない?」と聞かれるかも!


冬の初めは、なんとなくお肌の調子が悪いと感じやすい時期です。

「スキンケア+α」で健康な肌が甦る“冷え対策ケア”を進めましょう。



みるみるお肌が若返る!アメリカで大人気のバイオ基礎化粧品b.glen



トマトが美肌に良いというのは本当です。
様々な野菜の中でもトマトはバランスよくビタミン類を含んでいて、
赤い色の元でもあるリコピンを持っています。

リコピンにはアンチエイジング作用があるので
トマトを食べることでシワやたるみを防いだり、
トマトを食べる他にケアをすることでそのケアの効果を倍増させることも可能です。
その他ビタミンCなどの栄養成分もトマトの美肌効果の一端を担っている栄養素です。
ビタミンCは肌トラブルの改善の他、ハリを守る効果もあります。

トマトの食べ方ですが、基本的に美肌という側面から考えると
栄養をそのまま摂ることの出来る生の方が望ましいと言われています。

トマトはそれほど苦味のある食材ではないので飲み物にも適していて
野菜ジュースには必ずと言っていいほど入っていますし、
トマトの冷ジュースなどはお勧めです。

【ケース販売】伊藤園 理想のトマト 190ml×20本

【ケース販売】伊藤園 理想のトマ
ト 190ml×20本

¥1,880(税込)

「【ケース販売】伊藤園 理想のトマト 190ml×20本」は、酸味が少なく完熟した甘み(糖度9度)を引き出したトマトジュースです。 ●トマト由来のリコピンをたっぷり含み、毎日の健康と美容をサポートします。●トマト果汁200g以上を使用し、トマト果汁をストレート…

拡大画像を見る
【ケース販売】伊藤園 理想のトマト 190ml×20本【ケース販売】伊藤園 理想のトマト 190ml×20本をカートに入れる
かかとは、カサカサになってしまっていることが多いですが
それは、かかとが体を支えているためにできた古い角質なのです。
体重や合わない靴などで、かかとが圧迫を受けたり摩擦されたりして
角質が厚くなってしまうのです。

この硬いかかとの古い角質は、足のクサイにおいの原因にもなっています。
特に男性は普段かかとのお手入れをする機会が少ないと思うので、要注意。
古い角質がたまって足がクサくなっているかもしれません。
さらに、この古い角質は水虫の大好物。
水虫が原因で足の角質が分厚くなってしまうこともあります。

普段放っておきがちな足のかかとですが、思えば歩くとき最初に地面について
体を支えるのが、かかとです。かかとの厚みは体を支えてくれたものだと思うと
大切にケアしてあげたいな、と思います。



放っておくと、足のクサイにおいや水虫の原因になってしまう角質ですが、
もともと角質は、外の刺激から体の内部を守ろうとするためにできるものです。
だから、ケアしすぎるのもよくないのです。
体がつくるものにはやっぱり何か役割があるのだな、と感心させられます。
角質の役割をきちんとわかった上で、程よくケアしていきたい、と思います。
12月も中旬になりました。
冬のこの時期に起こる肌トラブルの主な原因を中心に改善していくことが
健やかな肌への近道となります。


●冬に起こる肌トラブル:乾燥

お肌を健やかに保つのに最適な湿度は、50%前後です。
しかし、冬の外気は湿度が低く、晴れた日には50%以下になることがほとんどです。
さらに、暖房を入れた室内は想像以上に、空気がカラカラに乾いています。
空気が乾燥していると、角質層からうるおいが失われてしまい、
お肌がカサカサになるだけでなく、小じわの原因にもなってしまいます。

また、角質層の水分量は健康な肌では、約30%といわれています。
これが10%以下になると肌が乾燥してカサカサになります。
角質層を拡大して見てみると、角質がめくれあがったような状態になっていて
外部からの刺激を受けやすくなっています。
そうなると、さまざまなトラブルを招いてしまうのです。

改善策としては、保湿に重点を置いたケアを続けるとともに、
暖房の効いた室内では1時間に1回は換気を行うことです。
また、加湿器などを利用するのもおすすめです。


●冬に起こる肌トラブル:冷え

体が冷えると血行が悪くなり、肌細胞のターンオーバーがうまくいかなくなって、
肌表面に古い角質が残りやすくなります。
そうなると、角質が厚くなって肌がくすんで見えるなどの
肌トラブルを招いてしまいます。

また、気温が低くなると皮脂の流動性が低下し皮脂の固形化が進み、
皮脂の分泌量が減ってしまいます。

改善策としては、ゆっくり湯船につかって、体を温めましょう。
また、意識的に早歩きをするなど、日常生活の中で代謝を上げる努力をしてみるのも良いです。
バスソルトを使って入浴すると、健康に効果ありです。



肌の健康にも期待できます。

ミネラル分を肌から吸収することで、肌がすべすべになることです。

さらに、血行促進効果や、発汗効果、引き締め効果 があります。

そして、デトックス効果やダイエットの効果も期待できます。
バスソルトを入れたお風呂でいつもとちょっと違う入浴をすることにより、ダイエット効果も期待できるのです。

普通に入っていてもお風呂から出入りを繰り返すとカロリーを結構消費できますが、バスソルトが入ったお風呂だと

塩やその他のミネラルの成分によって体を温め、カロリーの消費量をさらに上げることができます。

また、お風呂に入って汗をかくことによってデトックス、つまり体の中にある不必要なものを体外に出すこともできます。

毎回は無理でも、定期的にバスソルトを使ってゆっくりとぬるめのお湯で
入浴できると、ダイエットやデトックスの効果が期待できます。


肩こりなどの不快な症状のある方はゆっくりと温めのお湯につかることで筋肉のコリがとれて血行がよくなり、

改善することができます。お風呂に使っている間にマッサージなどをしてあげるとさらにいいですね。

温泉などでもそうですが、ゆっくりとお湯につかると疲れも取れやすくなりますので疲労回復にもなります。

最近疲れが抜けない…と感じている方は、ゆっくりと入浴してみてください。

入浴する時には汗をたくさんかきますので、水分の補給は忘れずに行ってください。


冬になると、肌がカサカサになることも多いですが
カサカサになってしまった肌も、食事に気をつけることで改善させることができます。

乾燥肌は、肌から必要以上に水分が失われてしまう現象をいいます。
人の肌は水分を保つために、皮脂膜という天然の保湿クリームを作っています。
皮脂腺から排出された皮脂と汗によって、皮脂の表面に膜を作り、保護しているのです。
この皮脂腺が、現代人には少なくなっている といわれています。

乾燥肌対策にいいとされている栄養素は、ビタミンです。
特にビタミンA、B、Eは重要です。

ビタミンAは、肌に潤いをキープするだけでなく、
新陳代謝を正常にしてくれる働きがあります。
ビタミンAが多く含まれる食品の代表選手は、ウナギやレバーです。
そのほかに、サバやイワシなどの青魚、緑黄色野菜、わかめなどがあります。

次に、ビタミンBですが、ビタミンAと同じく新陳代謝を活発にしてくれるうえに
肌が乾燥することで起こる炎症を抑えてくれます。
ビタミンBが多く含まれる食品は、豚肉やレバー、卵、大豆などがあります。
中でも大豆には、ビタミンEと良質なたんぱく質が多く含まれていますので、
美肌には欠かせない食品です。
しかし、ビタミンBは、加熱すると壊れてしまうという欠点がありますので、
なるべく生で食べるようにするといいでしょう。
生で食べられるものの代表が納豆です。納豆の中に含まれるポリグルタミン酸には
保湿成分があり、化粧品にも使われています。

そしてビタミンEですが、これには肌に潤いを与え、
血液の循環をよくする働きがあります。
ビタミンEを多く含む食品には、ゴマやアーモンドなどのナッツ類があります。
簡単に手に入り食べやすいものですが、カロリーが高いので食べ過ぎには注意しましょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。