2014年03月

ここでは、2014年03月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春は徐々に暖かくなってくる季節です。
この時期は、気温が上がるにつれて皮脂腺のはたらきが活発になり、
肌のうるおいやなめらかさを保つための脂の量が増えてきます。

また、血液の循環がよくなって、汗が出る量も増えてきます。
ですので、汗による汚れを落とすために、洗顔などは丁寧に行う必要があります。

ただ、春は暖かくなるとはいえ、初めの頃は、暖かい日と寒い日が
交互におとずれるものです。しかも、まだ湿度が低く、風の強い日が多いですので
乾燥には注意しなければなりません。
また、春は、昼は暖かくても夜は冷え込むなど、一日の中でも気温がはげしく変動します。

乾燥肌はこうした気温の変化に敏感ですので、注意が必要です。
春の乾燥肌対策の基本は、化粧水を多めにつけて水分補給し、
乳液・美容液・クリームなどで保湿し、乾燥しにくいようにすることです。

特に季節の変わり目は、肌のケアが遅れないように気をつけなければなりません。
たとえばこの季節は、紫外線が多くなってきますが、
肌は紫外線が少ない冬に合わせた状態がしばらく続くため、
メラニン色素(肌を紫外線から守る物質)がまだ少なく、肌の新陳代謝も低下したままです。
そこで、多くなってきた紫外線から肌を守るために、
UVケアを意識しておこなうことが必要となります。
スポンサーサイト
春も近づき、イチゴが美味しい季節になってきました。
愛らしいイチゴは、甘酸っぱくてさわやかなおいしさだけでなく、
美肌や、健康を維持する上で必要な栄養素や成分を含んでいます。
ビタミンCやポリフェノールなどを含み、美容と健康をサポートしてくれます。


イチゴは、100g中ビタミンCが62mgと豊富に含まれ、レモン果汁よりも多いほどです。
成人が1日に必要なビタミンCの摂取量は100mgで、
だいたい小粒イチゴを10粒くらい、大粒で7~8粒粒食べれば
1日必要量を得ることができます。

ビタミンCは、コラーゲン生成を助けて皮膚を丈夫にするなど
美肌つくりには欠かせません。
活性酸素を除去する抗酸化作用や、カラダの免疫力を高めるためにも必要な栄養素です。

けれども、体内のビタミンCはストレスや喫煙などで失われやすく、
また体内に蓄積しておくことはできないので、食事が不規則なときほど
意識してしっかりとりたいものなのです。

ビタミンCは、たくさんとっても尿として排泄されてしまうので、
過剰症の心配はありませんが、サプリメントなどで濃縮したものを大量にとると
下痢や嘔吐などの副作用を起こす場合があります。
サプリメントでとり過ぎるのは気をつけたいものです。

まずは食べ物から栄養を得ることが一番カラダには自然です。

多くの女優・モデルが愛用する化粧品として注目されているのが、
ベースメイク7点をセットにしたお得な江原道の
「ハイビジョンベースメイクお試しセット」です。



===================================

江原道のスキンケア「オリエンタルプランツ」は、
数多くの女優をはじめ、モデル、ヘアメイクなど、
「美のプロ」から支持を受けているそうです・・・

その理由は、

■肌の毛穴をも映し出す鮮明な「ハイビジョン」放送に耐えうる
 高いカバー力があるのに自然な仕上がりを実現するベースメイクだから。

■厳寒の冬の屋外やエアコンや乾燥したスタジオ、夏の強い紫外線下という
 厳しい撮影環境でも肌をやさしく守るスキンケアだから。


☆★映画採用実績____________________

 2004年 海猿
     下妻物語
     血と骨
 2005年 北の零年
     春の雪
 2006年 LIMIT OF LOVE 海猿 
     DEATH NOTE 前編・後編
     かもめ食堂
 2007年 クローズド・ノート
     東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
     舞妓Haaaan!
 2008年 銀色のシーズン
     デトロイト・メタル・シティ
     ラストゲーム 最後の早慶戦
     グーグーだって猫である
     櫻の園 ─さくらのそのー
     ホームレス中学生
____________________________

このほか多くの映画でも使われています。

ベースメイクもスキンケアも、江原道はシンプルを信条としています。
どなた様でも、高いクオリティのスキンケアが、
シンプルステップで簡単にでき、
お肌のうるおいを補い、過酷な肌環境においても
健やかに保てるように、
しっかりと考えて作られた商品ばかりです。

★──────────────────────────────────★
女優の素肌がきれいに見えるその理由をこの機会に体感してみてはいかがでしょうか。
         

乾燥したスタジオでも女優の肌のうるおいをしっかり守ってきたベースメイク

【ハイビジョンメイクお試しセット】1,260円☆
ひじ・ひざの黒ずみが気になっている方には、
効果的な解消法がないものか、と悩まれている方も多いのではないでしょうか。

ひじ・ひざの黒ずみ解消法としては、黒ずみの根本的な原因となっている
色素沈着を生じた皮膚の角質を取り去ることが、効果的とされています。

また予防策として、できるだけ膝や肘の皮膚を圧迫したり、摩擦するなどといった
刺激を与えないように意識することが大切です。

膝、肘の黒ずみができる原因としては、古くなった角質が蓄積されて厚くなることや
それに伴い皮膚の角質層が固くなることで黒ずんでいくケースが多いようです。

また、肘や膝などは、何らかの動作をする際に擦れたり当たったりなど、
刺激(摩擦や圧迫)されることも多く、そういったことが繰り返されていることで
黒ずみが生じていくこととなるようです。

日常的に机やテーブルなどに自然と肘をついている機会が多いといったことや、
立て膝を頻繁にするなど床に膝を繰り返し擦りつけていることが多い場合には、
黒ずんでいくケースが考えられます。

ひじ・ひざの黒ずみを解消するには、
蓄積されて厚く硬くなった状態である角質を取り除いてあげることが基本となります。

角質は柔らかくすると剥がれやすくなるので、入浴の際に皮膚が柔らかくなってから
膝や肘の部分を丁寧かつ念入りに洗い、入浴後はしっかりと保湿クリームを塗って
ケアしてあげると効果的です。

ビーグレンの『薬用ニキビケアシリーズ』が、
大人気です。

大人のニキビ対策!バイオ基礎化粧品b.glen




ニキビの原因となるのは、毛穴につまった角栓(汚れのかたまり)です。
ビーグレンの、洗顔と化粧水に配合された天然クレイのモンモリロナイト(保湿成分)が、
毛穴の角栓を吸着して、おだやかにオフしてくれます。

同時に、うるおいはしっかりと残し、外的刺激から肌を守ります。
そして、有効成分として新たに配合された「グリチルリチン酸ジカリウム」が
ニキビの炎症を抑え、天然クレイとのダブル効果でさらにニキビのできにくい肌へと導きます。


やさしく洗顔した後、化粧水と美容液で皮脂膜を整えて肌をなめらかにしていきましょう。

ビーグレンのニキビケアは、シンプルな3ステップで、
ニキビを防ぐだけではなく「洗顔」「保湿」「整える」の3ステップで
肌の奥からコンディションを整えます。

ニキビのできにくい肌づくりを、ビーグレンといっしょに始めましょう。


→→→ 大人のニキビは b.glenで解決 ←←←
今回は、アミノ酸のアンチエイジング効果についてご紹介します。

この時期は、室内の暖房や空気の乾燥などでお肌が乾燥しがちになります。
お肌の乾燥は、肌の老化を早め、敏感肌やニキビ、シワ、シミ、たるみなど、
あらゆる肌トラブルを引き起こします。

お肌を若く保つには、まず、お肌の保湿を保つことが大切です。
お肌の保湿を保つ役割をするのは、角質層内にあるNMF
(ナチュラル・モイスチャライジング・ファクター)と呼ばれる天然保湿因子。
NMFは、水分を角質層の中に閉じ込めて蒸発を防ぎ、お肌に潤いを与えます。
このNMF主成分がセリンやプロリンなどのアミノ酸です。

お肌のターンオーバーもお肌の若さを保つのに重要なポイントです。
アミノ酸は、血行を良くして新陳代謝を活発にし、シミやくすみを改善します。

また、システインとグリシン、グルタミン酸が結合してできる
グルタチオンは、強力な抗酸化作用があり、老化の原因となる
活性酸素や過酸化脂質を除去します。また、解毒作用もあります。

アミノ酸は、お肌の老化現象で一番きになるシワやたるみにも効果的です。
お肌のハリや弾力を保つコラーゲンは、お肌の真皮層の約70%を構成しています。
お肌の主成分であるコーゲンは、プロリン、アラニン、グリシンなどの
アミノ酸を原料として作られています。

お肌の老化が気になりだしたら、アミノ酸を補給して老化しない
お肌を手に入れましょう!

「病院や薬をやめれば、病気が治り元気になる!」
・・・と言われたら、どう思われますか?

「そんなバカな!ありえない!!」
と思われますか?

病院では、病気を治せない。
「病院は病気によって出た症状をやわらげることは出来るが、
病気そのものはほとんど治せない」という考え方が広がりつつあるのは確かです。

病院というのは、体に現れた症状をどうして抑えるか、
に主眼が置かれたものであるから、仕方ない一面もあるそうです。

病気は基本的に自分自身で治すもの。
自分の自然治癒力を高めて治すものなんだと、認識してください。


また、薬を飲むだけでは何も解決しません。

例えば、風邪ひとつとっても、風邪そのものを治す薬はありません。
喉の痛みをやわらげたり、 熱を下げたりする薬を出してもらっているだけなのです。

その薬も胃に負担をかけるものが多く、同時に胃腸薬をさらに処方されたりします。
3つも4つも薬を飲まされて、それが肝心の病気を治すものではなく、
副作用を抑える為に飲んでいる・・・などということも多いです。

基本的に薬は毒です。
実は、薬というものは、基本的に「体に毒」であるものが多く、
一時的にどうしても仕方ない場合に服用するならともかく、
長期的に(あるいは継続して)飲み続けて良いものは一つもないそうです。


・・・ある薬を飲んだら副作用が出るので、それを抑えるために、
また別の薬を飲んで・・・ またその副作用を抑えるために別の薬を飲んで、
と際限なく薬を出されたなんて話聞いたことありませんか?


体にいいものなら、別の薬で副作用を抑える必要なんて無いはずです。

風邪は寝ていれば治るというのを忘れていませんか?
そもそも、風邪というものは、安静にしていれば治るものなのです。
またその他の病気も、ちゃんとした食事や生活で防げるものですし、治るものなんです。


病院には行かない事。薬は飲まない事。です。


「睡眠不足は美容の大敵」とは、よく言われます。

夜更かしをした日の翌朝は、ファンデーションのノリが悪かったり
ニキビができてしまったり・・・というのもよくあることです。

睡眠と美容とは、とても深い関係があります。
睡眠不足になると、細胞の新陳代謝が遅くなり、老化や肌荒れの原因となって
シワやシミ、くすみ、たるみ、くま、乾燥、ニキビなど
様々なトラブルを引き起こしてしまいます。

睡眠と美容の関係のカギを握っているのが、成長ホルモンです。
成長ホルモンは、傷ついた細胞を修復し、細胞分裂を促してお肌を再生してくれます。
また、脂肪を分解してエネルギーに変える作用もあるので、ダイエットにも効果的です。

成長ホルモンは、日中の活動中には分泌されず、夜、体が休まり
リラックスした睡眠中に分泌されます。

特に、夜10時~2時までの4時間は、「お肌のゴールデンタイム」と言われ
成長ホルモンが最も活発になる時間です。この時間に質の良い眠りをとりましょう。

ホルモンの分泌は、体内時計と関係しているので、睡眠時間が短かいだけでなく
寝る時間が不規則だったり、眠りが浅かったりすると、成長ホルモンが十分に
分泌されなくなってしまい、細胞のターンオーバーが上手くいかなくなってしまいます。

良質の睡眠は、どんな美容液にも勝ると言われます。
美肌と美容のために、規則正しく、質の良い睡眠を心がけましょう。

シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen



今年も、花粉の時期になりました・・・
しっかり対策していきましょう!

服についた花粉を取り除くには…… 洗濯です。
でも外では花粉が盛んに舞っていてどうにも干せない、というのが今の季節です。
何に注意したらよいのでしょうか。

午後1時から3時は、花粉の飛散量がピークとなる時間帯ですので
この時期は屋内で干すようにするか、乾燥機を使うとよいでしょう。

「外に干したい!」という方は、ピークの午後1~3時を必ず避けて、
夕方から夜にかけて干すと、いくらかよいでしょう。

取り込む時には洗濯物をよ~くはたいて、
ブラシや粘着テープのコロコロなどで花粉を取り除けば安心です。


また、サイズの大きな布団やシーツ類は、干す場所が限られます。
仕方なく外に干すときは、花粉の進入を防ぐ専用の布団カバーがよいです。

で、お布団を取り込む際には、
清潔な吸引口を取り付けた掃除機で、花粉を吸い込むと良いでしょう。

寝具は顔や皮膚に直接触れるうえに、睡眠時間を過ごすものなので、
特に厳重に花粉からガードしておきましょう。

一度布団の中に入り込んだ花粉は、掃除をしても
すべてを綺麗に取り除くことは相当に難しいそうです。



しっかり対策して花粉をガードしましょう。


春は“肌にとって過酷な季節”なのを、ご存知でしょうか。

なぜなのか、その理由は以下の5点です。



【理由・1】

気温の変動が大きいから。

春先は“三寒四温”と呼ばれるように、急に暖かくなったと思ったら
また寒くなったり、日によって気温が変わります。
その上、1日のうちでも、朝晩と日中の気温差が激しい日々が続きます。
この寒暖の差に肌が対応しきれず、肌トラブルが起こりやすくなってしまうのです。



【理由・2】

乾燥した強い風が吹き荒れるから。

3月の湿度は、実は真冬と同じくらいしかありません。
でも、冬を乗り越えた安心感で、保湿ケアを油断しがちです。
さらに、時おり“春の嵐”“春いちばん”などの強い風が吹くので
冬よりも肌が乾きやすくなります。
その強風によって空気中のホコリが舞い上がり、肌に汚れが付着する原因になります。



【理由・3】

紫外線が急激に増えるから。

シミやソバカスだけではなく、乾燥の原因にもなる紫外線も、
3月頃からどんどん増加していきます。
日焼けした肌が乾燥し、乾燥した肌が紫外線を受け入れやすくして、
また日焼けしやすくなる・・・ という悪循環に陥りがちなのです。



【理由・4】

皮脂分泌量が活発になるから。

気温の高い日が続くと、皮脂分泌量が急激に増えるため、
肌にベタつきを感じたり、ニキビや吹き出物ができることがあります。
冬の間にしていたスキンケアでは対応しきれなくなってしまうのです。



【理由・5】

環境の変化でストレスが増えるから。

春は、出会いや別れをたくさん経験する季節です。
卒業・入学・転職・異動・引っ越し……など、色々な環境やライフスタイルの
変化を経験します。そのあらゆる変化が重なって精神的なストレスを生み、
肌あれを引き起こしてしまいがちです。



このように、春は色々な要因が複雑にからみあう、肌にとって最も過酷なシーズン。
焦って色々なスキンケアに手を出す前に、
まずは不安定なゆらぎ肌が起こる要因をしっかり知っておきましょう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。