2014年01月

ここでは、2014年01月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほうれい線とは、小鼻の両脇から唇の両端に伸びる二本のしわのことを言います。
ハの字のしわが特徴です。
別名、鼻唇溝とも言われています。


ほうれい線は、40~50歳以上の方に出やすいと思われがちですが
実は中年になってから突然現れるしわではありません。
若い人にはもちろんですし、赤ちゃんの顔にもあるのです。


若いころには、このしわが浅く、薄く、目立ちませんが、中年になるにつれて
だんだん深くくっきり刻まれ、黙っていても目立つようになってしまうだけなのです。


では、ほうれい線ができる原因は何なのでしょうか。

加齢のほかに、以下の原因があります。

乾燥
ストレス
紫外線
バランスの偏った食事
ビタミンC不足
コラーゲン不足


では、このほうれい線はどのように対策すればいいのでしょうか。


一つの方法としては、マッサージがあります。
最近では、リンパマッサージというものも流行ってきています。
これは、リンパ腺の流れに沿ってなでるというマッサージ方法です。

他には、両手の人差し指と中指で口とあごの間を押し、両方の口角の方、
その先のほうれい線の方へと頬骨の下へずらしてマッサージをする、という方法があります。

そしてアロマオイルを使ったマッサージ方法などもあります。


これらの対策方法を利用して、ほうれい線を無くしていけるようにしていきましょう。


ほうれい線が気にならなくなるだけでも肌年齢も良くなってきます。




ほうれい線対応で今大人気なのが、Pure&Silk(ピュアアンドシルク)のようです。


大人気の理由は・・・ ↓詳しくはコチラ↓
★ほうれい線ケア★Pure&Silk(ピュアアンドシルク)


 
スポンサーサイト
美肌を目指すなら、はちみつを摂り入れてみましょう。
はちみつを取り入れることによって、美肌に近づけられます。

はちみつは、殺菌・抗菌力を高め、お肌の中を殺菌してくれます。
また免疫力を高めてくれるので、風邪もひきにくくなります。

脳のエネルギー源になるので、脳を活性化させ集中力を高める効果もあり
胃腸の調子もよくなり、肌の調子も良くなることから美肌へとつながります。

はちみつを毎日摂ることで体の中から健康になり、自然と肌の調子も良くなっていきます。


はちみつはミネラルやビタミンが多く含まれる健康食品です。
カルシウムや鉄、ナトリウム、カリウム、ビタミンB1、B2、B3、葉酸も
多く含まれています。

料理の時に、砂糖や黒砂糖のかわりにはちみつを使えば、
はちみつは砂糖と比べると低糖なので、ダイエットにもつながります。

また料理をしない人には、はちみつ入りドリンクやサプリメントを利用すると
効率よくはちみつをとることができます。


かの蜂 蜂蜜 120g×5点セット
かの蜂 蜂蜜 120g×5点セット
胃腸の健康が美肌につながります。
美肌をめざすには、まずは腸内環境を整える事が大切です!

腸内環境を整えると言えば、ヨーグルト。
腸内の悪玉菌を抑え、善玉菌を増やして腸内環境を整え、
さまざまなお肌のトラブルの原因となる便秘を改善してくれます。

また、腸には免疫細胞全体の70%が集中しているので
腸内環境が良くなると免疫力が高まり、花粉症やアトピー性
皮膚炎などのアレルギー反応が抑えられます。

ヨーグルトには、美肌に大切なビタミンA群やB群もふくまれています。
さらに、美肌に必要なタンパク質が乳酸発酵によって腸で
吸収されやすくなっています。毎日100g以上のヨーグルトを食べると、
1週間程度で腸内のビフィズス菌が増えるそうです。

カスピ海ヨーグルトの乳酸菌 ヨーグルトの願い

カスピ海ヨーグルトの乳酸菌 ヨー
グルトの願い

¥1,432(税込)

「カスピ海ヨーグルトの乳酸菌 ヨーグルトの願い」は、クレモリス菌のみを使ってフリーズドライにしたヨーグルトの種菌です。クレモリス菌は、発酵中に空気を必要としないので、密封容器で作ることができ、ご家庭で作るときに雑菌の混入が防げ安心です。独特の粘りと、酸味の少な…

拡大画像を見る
カスピ海ヨーグルトの乳酸菌 ヨーグルトの願いカスピ海ヨーグルトの乳酸菌 ヨーグルトの願いをカートに入れる
しみ・しわをつくり、あなたから美白を奪うのは乾燥肌だった!!
化粧品製造メーカーが本音を語る!【化粧品業界の7つの本音】
===================================

「今よりキレイな肌になりたい」
女性なら誰しもが思うことです。あなたはどうですか?

でも・・・
◇敏感肌(乾燥肌)がいつまでたっても改善できない。
◇自分に合ったスキンケアが見つからない。
◇今まで満足できるスキンケアに出会ったことがない。

スキンケアに対する不安や不満を抱えている方が多くおられます。
いろいろなスキンケアの方法や化粧品、敏感肌(乾燥肌)対策を試しても、
思ったような効果が現れない。

その結果、「私は生まれつき敏感肌(乾燥肌)だから・・・」と言って、
諦めていませんか?

そんなあなたのために、敏感肌(乾燥肌)改善に役立つ
『化粧品業界の7つの本音』がまとめられている「アクシリオ」をご紹介します。

ここにかかれている内容は、すべて化粧品製造にあたり、実際に体験されたことばかりです。

『化粧品業界の7つの本音』を読むと、、、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★あなたにとって必要な化粧品(スキンケア)が分かる。
★安全な化粧品(スキンケア)を見分けることができる。
★敏感肌(乾燥肌)の改善方法が分かる。
★ウソの広告に惑わされなくなる。

そして、読み終わったあとには、
『なるほど、だから敏感肌(乾燥肌)が改善できなかったのか!』
とスッキリとした気分になれます。

もし、あなたがスキンケアについて迷っていたり、敏感肌(乾燥肌)の改善が
できないと諦めているのなら、5分だけ時間を取って読んでみてください。
きっと、あなたの『敏感肌(乾燥肌)改善』に役立つと思います。

■『化粧品業界の7つの本音』は、今すぐこちらをクリック!
●化粧品製造業者が語る!「化粧品業界の7つの本音」をお試しセットをご購入いただいた方に無料プレゼント中!





昨年私が買った中で、もっとも最高だった本。それが、今回ご紹介する南雲吉則さんの

50歳を超えても30代に見える生き方 「人生100年計画」の行程表  

です。

50歳を超えても30代に見える生き方 「人生100年計画」の行程表 (講談社+α新書)



この本には、40代の男の私も、すごく興味を持って、買った後も何回も読んでいます。

「20歳若返るシンプル生活術」
「細胞から若返る食事術」
「寿命が14歳延びる4つの習慣」
「肌は洗うとうるおわなくなる」
「完全栄養を摂る簡単な方法」
「甘いものの誘惑を断ち切る方法」
「誰でも実践できる花粉症の撃退法」
「一汁一菜ダイエットのすすめ」
「ゴボウのアクに若返りの秘密が」
「スポーツをすると健康になれない」
「歩くだけで燃える内蔵脂肪」

などなど、すごく参考にできる情報が数多く読めました。

できればその内容をここでご紹介したいものですが、
・・・勝手にアップしてしまうと著作権の問題になってしまうので
興味のある方は、ぜひ本をお読みになられることをおすすめします。




1月も末になりました。

冬の肌のダメージケアのためには、ビタミンをしっかり摂って対策しましょう。
肌荒れには、ビタミン不足が大きく関係しています。


肌荒れに有効な成分は、以下のとおりです。


◎ポリフェノール

紫外線などで発生する活性酸素を消去し、肌の酸化(老化)を防いでくれます。
お茶・チョコレート・緑黄色野菜・赤ワインなどから摂取できます。



◎抗酸化ビタミン(A・C・E)

活性酸素を消去し、ダメージから肌を守ります。

ビタミンA:
活性酸素を消去したり、紫外線を弱めたりで細胞を守ります。
皮膚や粘膜に栄養を与えて肌のつやを保ちカサつきを防ぎます。
緑黄色野菜から摂取できます。

ビタミンC:
メラニン色素を還元しシミを薄くする、細胞を修復します。
コラーゲンの生成に関わる酵素の働きを助け、コラーゲンを維持します。
果物や野菜から摂取できます。

ビタミンE:
血行を良くし新陳代謝を活発にする。メラニン色素排出。
植物油・ナッツ類・かぼちゃから摂取できます。


◎セラミド

角質層の細胞間脂質を構成し、お肌の水分保持機能を高めます。
キメが細かくなりメラニン色素を押さえます。
玄米・穀物類・こんにゃくから摂取できます。


◎ヒアルロン酸

水分保持力が強い成分で保湿向け。
免疫機能を正常化、皮膚の老化防止、関節痛の緩和、脳の若返り、
目や血管の弾性と張りを保持、生理機能の改善など多機能。
カレイ・ウナギ・鶏肉から摂取できます。


◎ビタミンB2

にきびや湿疹、口内炎や口角炎や唇の荒れなどを防ぎます。
成人が一日に必要な量は1.2~1.6mgと少なく3食で補えますが、
体内に保存して置けないためこまめな摂取が必要です。
肉類・乳製品・豆・ナッツ・卵から摂取できます。


お肌の改善に効くのは、やはり生活習慣の改善です。
しっかり食べて肌も健康も良くしていきましょう。

今回お勧めするのが、洗い流せるタイプの白肌クリーム 
トミーリッチ 白肌美人パック」です。
トミーリッチ 白肌美人パック
美容クリニックでも使用されている、ハイドロキノン配合した白肌美人パック。
パックに配合されたオウゴンエキスと
ウワウルシエキス(天然型ハイドロキノン)が活躍!

ビタミンCをはじめ、コウジ酸やアルプチンなど、数ある成分と比べても
特に良といわれている成分が配合されています。

顔はもちろん、日焼けしやすい手や腕、黒ずみが気になる
ビキニラインなどにも使うことができます。

さらに、お肌にやさしい無香料、無合成着色料、無鉱物油と
お肌に優しい化粧品となっています。

■ご使用方法
・洗顔後、目と口の周りを避けて肌がかくれる位まで顔全体にのばしてください。
・そのままの状態で5分ほど経ちましたら、水またはぬるま湯で洗い流してください。

「トミーリッチ 白肌美人パック」の詳細を見る
少し前に世間で話題になったのが、「生大根ダイエット」です。

白鳥久美子さんがマイナス11キロ以上のダイエットに成功したというダイエット法なんですが、

なぜ少し前に話題になったのかと思ったら・・・

前田敦子さんが挑戦したとブログで報告され、さらに話題になったようですね。



今回は、生大根ダイエットのやり方とレシピを書きたいと思います。
簡単ですので、一度お試しになってみてはいかがでしょう。



生大根ダイエットのやり方:

(1)1日に1度、食事の前か食事中に行います
(2)輪切りで6cm以上
(3)約300グラム を生で食べます。
(4)他のものと一緒に、サラダの大根おろしかけみたいに食べるのもいいそうです。



生大根ダイエットレシピ:


【1】大根ゼリーのレシピ

(1)サイコロ状になるように、大根を切ります
(2)ゼラチンをコンソメスープに溶かします
(3)切った大根と缶詰のミックスビーンズを入れます
(4)器に入れたら、1時間ほど冷やします


【2】大根の生ハム包みのレシピ

(1)大根とキウイ、そしてリンゴを1センチ幅に輪切りにします。
(2)輪切りにしたものを重ねます。
(3)生ハム(脂部分を省いたもの)で包みます。
(4)レモンをEXバージンオリーブオイルに絞ったドレッシングをかけます。

美しい肌を保つポイントには、シミやシワのケアもありますが、
毛穴のケアも大きなポイントですよね。

毛穴のケアを怠ると、老けて見えたり、疲れた感じに見られがちになります。
毛穴が開くことで、肌理(きめ)が粗くなってしまうため、老け顔・疲れ顔に見えてしまうんですね。

いつまでもキメの美しい肌を保っていくためには、毛穴の開きの原因を見極め
しっかりした毛穴ケア対策をすることが必要です。


毛穴開きの原因は、いくつかありますが次の3つが主たる原因です。

(1)水分不足の乾燥肌が原因

(2)皮脂の過剰分泌が原因

(3)老化によるたるみ・張りの低下が原因

特に乾燥性や皮脂過剰の原因によって、毛穴の中に過剰な皮脂がたまって毛穴の中に詰まり、
毛穴は閉じにくくなるのです。毛穴のケアは、ここがポイントになります。

毛穴ケアをしっかりして、毛穴の目立たないキメ細かい肌をめざしましょう。

コラーゲンは、美容にも健康にも良い成分です。

コラーゲンの摂取方法で、忘れてはならないのが「飲む」方法です。
コラーゲンドリンクの多くは、腸管で消化吸収しやすいように、
酵素発酵によって低分子化が図られており、多様な効果が期待されています。

コラーゲン入り飲料は、多様な効果が期待され、
その多くが、魚の骨や鱗、牛皮、豚皮、牛軟骨などを原料として、
腸管で消化吸収しやすいように、酵素発酵によって低分子化が図られています。

また、その使用する酵素の種類や分解法によって様々な特性がありますので、
非常に多種類のコラーゲン入り飲料が販売されています。

コラーゲンというのは、細胞と細胞を繋ぐ土台とならなくてはならない
重要なタンパク質で、若さと健康を保つ為には、不可欠な存在です。

コラーゲンが充分にあると、若々しい肌や健康な体を維持することが出来るのです。
その為にも、是非コラーゲン入り飲料を飲んで、健康な体を維持して下さい。

お薦めのコラーゲンドリンクはこちらです↓

低分子コラーゲン10,000mg配合! アスタリフトのコラーゲンドリンク

初回半額!送料無料♪アスタリフトのコラーゲンドリンクお試しサンプル



肌の最大の敵は、睡眠不足です。

美肌にとって、質のよい睡眠というのは、とても効果があることなのです。

肌の細胞は睡眠中のホルモンの働きなどによって、傷ついた細胞を修復してくれます。

中でも成長ホルモンは女性ホルモンなどと共に新陳代謝を促進し、
皮膚細胞のダメージを修復してくれる働きがあります。

お肌の新陳代謝が最も活発に行われている時間帯は、午後10時~午前2時の間。

この間に眠っていることがポイントです。

もしこの時間帯に起きていたら、ホルモン分泌が妨げられ、肌の回復力も低下してしまいます。

また睡眠不足では、ターンオーバーも乱れ、繊維芽細胞のコラーゲンなどの生成を阻害します。

睡眠不足によって肌の細胞が疲れてしまうのです。

逆に、睡眠時間は十分にとっていても、仮に深夜2時に寝て朝9時に起きるといった「遅寝遅起」では
肌にはよい影響を与えません。

特に徹夜した時は顕著で、肌がくすんでしわっぽくなり、化粧のノリが悪くなることからも
睡眠の質と美肌の関係はとても密接であるとわかります。

美肌の基本は、睡眠なんです。。。

冬の季節になると、カサカサとお肌が乾燥してしまいがちですが
特に体の非常に乾燥しやすい部分が、足です。

特に女性の多くは、足のかかとが乾燥することでひび割れてしまい、
ストッキングを履くと伝線してしまったという体験をした人もいるのではないでしょうか。

皮脂腺が少ない足の裏はとても乾燥しやすい場所ですので、
肌のケアはとても大切になるでしょう。  

足の乾燥肌のケアの方法は、次のように行います。
まず、じっくりとぬるめのお湯に、全身を浸からせて毛穴を開かせましょう。
入浴した後は、顔のスキンケアと一緒に足の保湿も行い乾燥肌の対策に気をくばります。

足の乾燥を防ぐためにクリームを使うことが保湿には効果的になりますが、
クリームを使用する前に顔と同じように水分をローション等で補いましょう。

それから水分が逃げないように、クリームで肌にバリアを張ります。
かかとにひどい乾燥がみられる時には、さらにラップで肌を包みこんで
靴下を履いてから眠ると良いでしょう。
ただし、靴下を履いて眠ると血液の巡りが悪くなるので、冷え性の人などには逆効果となります。

重要なのは水分を十分に足に与えることで、その水分が逃げないように対処を行うようにします。
潤いを与えることが乾燥肌にとっては一番のケアになります。  
しかし、もし足のカサカサが水虫を発症したものによるのであれば、
決して乾燥肌を防ぐ作用のある尿素入りのクリームやオイル類などは使用せず、
皮膚科へ行って診てもらうのが賢明です。

足のケアを冬の間にしっかり続けていると、乾燥肌からくるカサつきを防いでくれるだけでなく、
夏に見せる素足に自信が持てるようになります。
次の夏に向けて、足の乾燥肌によるケアを怠らないように続けていく努力をしましょう。
空気が乾燥する冬は、風邪を引きやすいだけでなく、「肌荒れ」が生じやすい季節です。
肌荒れはひどくなると角質層に亀裂が入り、皮脂欠乏性湿疹という強いかゆみを伴う症状に変化します。
さらに悪化が進んでしまうと、貨幣状湿疹など治りにくい状態に陥ってしまいます。
皆さんはどんな肌荒れ予防をしていますか?

肌荒れが治らない、または悪化してしまう・・・という方は、次のことを試してみてください。

まず、外の空気は乾燥していますが、室内の空気はどうですか? 
寒いからといって暖房を長時間つけていると、当然ながら室内も乾燥してしまいます。
暖房を使う場合は加湿器も同時に使用しましょう。
加湿器が無い方は洗濯物を室内に干せば、洗濯物の乾燥と室内の乾燥予防に役立ち、一石二鳥です。

また身に着ける衣服の素材にも注意が必要です。静電気を起こしやすい素材は控えましょう。
静電気は肌に刺激を与え、肌荒れを悪化させる原因にもなります。
特にセーターなどウール素材のものとフリース素材のものとを重ね着するのは危険です。
この組み合わせでは、過度の摩擦によって6000~7000ボルトもの静電気が発生してしまいます。

また入浴にも気をつけたほうが良いでしょう。
熱いお湯も刺激が高いのでぬるま湯にするのがベストです。
そして入浴剤を用いるのなら、刺激の少ない硫黄分の無いものを選んでください。
また石鹸を毎日使うと、体を外気からコーティングしてくれている皮脂を落としてしまうので注意。
そして体を洗うときはスポンジやタオルでは摩擦が大きいため、素手で洗うようにしましょう。



きめ細かい美しい肌を維持するには何かと工夫が必要です。

肌荒れに気をつけて、楽しい冬をお過ごしください。

美肌になるためには、毎日のスキンケアが重要になってきます。
良いお肌を作るには、良質の睡眠やバランスの良い食生活も大事です。
ストレスも良くありません。ストレスなく健康的な暮らしをすれば、美肌になることができるでしょう。

毎日のスキンケアはもちろん重要です。
朝・晩しっかり洗顔し、その後に化粧水・乳液をつけるという単純なことを、毎日丁寧にすることです。
洗顔はお肌を傷付けないように、しっかりと汚れを落とすことが重要です。
そして、美容成分を浸透させるように、化粧水・乳液を付けます。
化粧水・乳液は、自分のお肌に合ったものを選びましょう。

良質な睡眠は、美肌に効果があります。
美肌と睡眠は非常に関係があるのです。
睡眠不足になると、お肌の定期的な生まれ変わりの周期であるターンオーバーが乱れてしまいます。
ターンオーバーが乱れると、ニキビや吹き出物ができてしまうのです。
また、睡眠不足になると、ホルモンバランスが崩れてしまい、肌荒れを招いてしまうことがあります。
睡眠不足によるストレスも、お肌には良くないです。
規則正しい生活をし、睡眠時間はしっかり確保しましょう。

当然、美肌にはバランスの良い食生活は欠かせません。
野菜や魚・肉類、果物などをバランスよく食べることで、身体の中から健康になりましょう。
美肌のためには、ビタミンB2・B6・Cなどを摂り、コラーゲンを多く含む食材などを食べるのがおすすめです。
そして、皮脂の分泌が過剰となる脂質を多く含む食材は控えめにする方がいいでしょう。

皆さま、明けましておめでとうございます。
本年が皆さまにとって、良い年でありますことをお祈り申し上げます。


今年こそは、ムダ毛に悩みたくない!
と思っておられる方も多くいらっしゃるかと思います。

ムダ毛で悩んでいる箇所は、『口まわり』『腕』が
年代に関係なく圧倒的に多くいらっしゃいます。

ムダ毛で悩んでいる方にとって、寒くてもムダ毛は気になります。

確かに口まわりや腕は、人の目に触れる部分なので、
毎日のチェックが欠かせませんよね。

口まわりや腕のように、隠しようがないムダ毛で悩まれている方が
とても多くいます。

そういう方には、塗るだけ簡単にムダ毛のお手入れができる
「30日で赤ちゃんみたいなお肌に」話題のムダ毛対策ジェル
がとっても良いみたいです。



少し時間はかかりますが、お肌をつるピカに導いていきます。


もうムダ毛処理は、脱毛ではなく
お肌にやさしい、子供にも使える
「30日で赤ちゃんみたいなお肌に」話題のムダ毛対策ジェル
なのです。

冬のムダ毛処理は、お肌を傷めること間違いなしなので、
お肌にやさしく、保湿もできる、この話題のムダ毛対策ジェルは大変喜ばれています。

いまの時代に合った
『話題のムダ毛対策ジェル』
を、ぜひ一度ためしてみられるのをおすすめします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。