2013年11月

ここでは、2013年11月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
筑波大の研究チームが今日、
「スギ花粉症の患者がバナナを継続的に食べると、
くしゃみなどの自覚症状が一部改善された」
とする臨床研究の結果を発表しました。

花粉症のマウスを使った実験で、3週間バナナを摂食させたグループでは、
アレルギー反応を引き起こすIgE抗体などが減少していることを発見したとのことです。

比較的軽度の患者52人を、バナナ200グラム(約2本分)を毎日8週間食べ続けるグループと、
全く食べないグループに分け、症状の変化を調べたそうです。

その結果、血液中のIgE抗体や好酸球などアレルギー反応に関連する物質に
変化は見られなかったけど、バナナを食べたグループでは、
「くしゃみが軽くなった」と感じる患者が多かったそうです。
 
教授は「仮説だが、バナナに多いビタミンB6はセロトニンなどの
脳内伝達物質の合成を促進する。セロトニンは抑うつ気分を改善させるため、
症状が軽減されたと感じるのではないか」と話しています。

花粉症をなくしたいと思っておられる方は、バナナを毎日摂取されてみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト
みなさん、毎日笑って過ごされていますか?

「笑う」ことは、健康に良いのだそうです。
近年の研究によると、笑うことによって、
がん細胞を破壊する「ナチュラルキラー細胞」が増えるのだそうです。

また、笑っている時は、身体をコントロールしている自律神経が
バランス良く働くので健康的です。

「笑いはお金のかからない、一番安全な良薬」といえるのです。

笑うことで、次のような美肌効果も期待できます。

・細胞の代謝が高まり、血流の流れが良くなるので
 肌のターンオーバーが促進され、顔のクスミが改善される
・女性ホルモンの分泌も高まるので、お肌のハリやうるおいを保つ
・大笑いをすると腹筋や横隔膜が鍛えられ、肌のトラブルを招く便秘が改善される
・笑うことにより表情筋が鍛えられ、顔のたるみが改善される

健康と美肌のために、毎日たくさん笑うように心がけましょう!!

お腹の底から大笑いができなくても大丈夫です。
実験では、作り笑いでも「ナチュラルキラー細胞」は活性化するそうです。
最初は、作り笑いからでも「笑う」習慣を作ってみましょう。

もう11月もあと一週間です。
これから冬に向けて、乾燥知らずの肌になりたいですよね。

乾燥肌対策に向けて、ぜひご紹介したいのが、
シンシアガーデン
の新発売ナチュラル美容オイル「レガロオルガニコ」です。

◇天然由来成分100%
◇【6つの無添加】防腐剤、鉱物油、アルコール、合成香料、合成着色料、動物性原料
◇オーガニック認定アルガンオイル配合
◇スペイン産オリーブオイル、オリーブオイル由来スクワラン配合

天然由来成分100%の全身用、お肌に優しい6つの無添加だから
ご自身用はもちろん、赤ちゃんや敏感肌の方でも安心してお使いいただける
ファミリーユースのナチュラルオイルです。

乾燥した顔や目元、手足の潤いケアにもおすすめです。
目元や、髪など全身にお使いいただけます。

オイルの使い方は様々。
全身の保湿はもちろん、妊婦さんのストレッチマーク(妊娠線)対策、
お風呂に数滴垂らして入浴しながら保湿、
シャンプー前の頭皮マッサージにも最適です。

洗顔後、お化粧水の前につけると、
その後の化粧水の浸透がぐんとアップします。
もちろん、スキンケアの蓋としてもお使い頂けます。

また、配合されているアルガンオイルにはビタミンEが豊富に含まれており
目元や口元の小じわなどに効果的と言われております。

ナチュラルコスメ シンシアガーデン
冬になるとお肌が「カサカサ」になったり「かゆみ」を生じたりと
肌の乾燥を経験する方も多いのではないでしょうか。

肌が乾燥する原因はさまざまありますが、冬の季節は
特に注意しなければなりません。次の乾燥肌対策をご参考にして下さい。


■部屋の乾燥対策

水分を蒸発させる加湿器が一般的に効果がありますが、加湿器がない場合は
部屋に洗濯物を干したり、濡らしたタオルを干すだけでも、十分効果はあります。

■肌着には

肌にやさしく吸湿性のよい機能素材(キトサン)を使用したものが望ましいです。
化繊はできるだけ避けることをおすすめします。

■肌荒れ・かゆみには

天然保湿・保護成分(キトサン・ヒノキチオール等)を含んだスキンケアクリームを
手に取り、マッサージするようにのばして使用して下さい。

■入浴方法は

冬場は熱いお湯にゆっくり入りたいところですが、温度が高いと皮脂等が溶け出るので
ぬるめのお湯にしましょう。また、ボディケアにはさまざまなものがありますが、
できるだけ低刺激性の石鹸やボディシャンプーを選ぶようにしましょう。
からだを洗う時は、肌を強く擦らないように注意しましょう。

■入浴後のケアは

入浴後は、素早くお肌にあった保湿成分(キトサン)を含んだボディローションで
お肌の乾燥を防ぎましょう。さらに、水分が蒸発しないようオイルで水分を
しっかりと保護するようにしましょう。

■食事面では

健康な肌を維持するため、タンパク質・コラーゲン・ビタミンA・ビタミンB群・
ビタミンCなどの栄養素を含んだ食事を取るようにしましょう。

かかとは、カサカサになってしまっていることが多いですが
それは、かかとが体を支えているためにできた古い角質なんです。
体重や合わない靴などで、かかとが圧迫を受けたり摩擦されたりして
角質が厚くなってしまうのです。

この硬いかかとの古い角質は、足のクサイにおいの原因にもなっています。
特に男性は普段かかとのお手入れをする機会が少ないと思うので要注意。
古い角質がたまって足がクサくなっているかもしれません。
さらに、この古い角質は水虫の大好物。
水虫が原因で足の角質が分厚くなってしまうこともあります。

普段放っておきがちな足のかかとですが、思えば歩くとき最初に地面について
体を支えるのが、かかとです。かかとの厚みは体を支えてくれたものだと思うと
大切にケアしてあげたいな、と思います。



放っておくと、足のクサイにおいや水虫の原因になってしまう角質ですが、
もともと角質は、外の刺激から体の内部を守ろうとするためにできるものです。
だから、ケアしすぎるのもよくないんです。
体がつくるものにはやっぱり何か役割があるんだな、と感心させられます。
角質の役割をきちんとわかった上で、程よくケアしていきたいな、と思います。

 足裏ランランスピーディー

足裏ランランスピーディー

¥2,878(税込)

つけ置き時間が短くなったスピーディタイプ!履いて浸して洗い流すだけの簡単角質ケア♪つるすべかかとで素足に自信を! …

拡大画像を見る
 足裏ランランスピーディー 足裏ランランスピーディーをカートに入れる
人はもともと、美しい肌を保つ仕組み(自然免疫)を持っています。
この仕組みを大切にすれば、加齢による衰えを遅らせ、長く美しい肌を保つことができます。

肌から排泄される汗や皮脂には、肌にとって有効な成分が含まれています。

汗は、皮膚に無数にある汗腺から分泌されます。
体温が熱くなったときに汗を出して体温調節の働きをしますが、
汗の役目はこれだけではありません。
皮脂と混じり合って潤いを保ち、皮脂と混じり合うことによって、
弱アルカリ性の皮膚表面を弱酸性にして皮膚を保護します。

一方、皮脂は毛孔内に皮脂腺が開いていて、そこから分泌されます。
頭髪に油分を供給しパサつくのを防いでいますが、
肌にも油分、天然の保湿クリームを供給しています。
この皮脂の分泌は、性別、体質や食事などによって分泌される量に差があります。
バランスのよい食事をしていれば問題ありませんが、脂っぽいものを多く摂ると
多量の皮脂が分泌されて、過酸化脂質の状態になったりします。
皮脂の分泌が多いと、毛穴を詰まらせるほか老化を早める恐れもあります。
天然素材の石鹸などを使い清潔に保つ必要があります。

皮膚からの排泄物だけで、十分に肌の潤いは保たれ健康な肌が維持できるのに
余分なクリームなどをつける必要はまったくありません。

肌の排泄、つまり皮膚の代謝が正常ならば健康な肌は保たれます。
肌の代謝は、規則正しい生活、バランスのよい食事、そして腸の健康が大切です。
肌も腸も詰まらせてはいけません。

「肌も腸も詰まらせない」 それが美肌の秘訣です。

朝晩の冷え込みが厳しくなりました。


「最近どうも顔色がさえない。くすんでいる気がする。」

「飲みすぎでないのに、なんだかフェイスラインが緩んでいる。」

「睡眠時間はたっぷりとっているのに、クマがひどい。」


このような、お肌の変調が出てきていませんか?



そうそう・・・と感じられた方は、“カラダの冷え”がもたらす不調かもしれません。


実は、女性のお肌にとって「冷え」は大敵なんです。


冷えの改善に重要な「めぐり」のいいカラダになるよう、
カラダを温めるフットケアが重要です。


オススメは、バスタイムの足つぼマッサージです。


ゆっくりと湯船に浸かりながら、足の裏をもみほぐすことで、
カラダの芯からポカポカと温かくなるのです。


日課にしてから、翌朝の肌のツヤが良くなり
「最近、肌キレイになってない?」と聞かれるかも!


冬の初めは、なんとなくお肌の調子が悪いと感じやすい時期です。

「スキンケア+α」で健康な肌が甦る“冷え対策ケア”を進めましょう。



みるみるお肌が若返る!アメリカで大人気のバイオ基礎化粧品b.glen



乾燥肌とは、角質層の水分が足りない状態の肌のことで
水分も皮脂も足りないタイプと、
皮脂の分泌は多いけど水分が足りない、インナードライのタイプとがあります。


どちらのタイプの乾燥肌にも大切なスキンケアのポイントは、
皮脂膜を壊さない正しい洗顔と、充分な保湿で保水力のある角質を育てることです。


乾燥肌を変えるお手入れ法

毛穴の汚れや余分な皮脂だけを取り除く天然クレイ洗顔料を
少量のぬるま湯で少し泡立て、やさしくお顔全体に広げた後、
25℃~30℃くらいのぬるま湯で洗顔料を洗い流します。

すすぎ過ぎは皮脂を取りすぎることがありますので、注意しましょう。


洗顔後は、タオルで優しくおさえるように水分をふき取りましょう。
力を入れてゴシゴシ拭くと角質が傷ついてしまいます。


洗顔後はすぐにローションで保湿をするのがポイント。
優しくじっくり時間をかけて、たっぷりローションを浸透させましょう。

週に2回はフェイスマスクをすると効果的です。
その上からラップをするとより効果的です。
マスクは10分間くらいで大丈夫です。それ以上長くマスクをする場合、
シートが乾燥して逆に肌の水分を吸い取らないように注意してください。


その後は、保水力のあるヒアルロン酸やコラーゲンなどの
保湿成分が配合されているゲルや美容液などでしっかり保湿をしましょう。


体の中からの水分補給も大切です。水分を補給しましょう。
コーヒーやお茶など利尿作用が高いものは、かえって乾燥させてしまいますので、
お水を飲むようにしましょう。
お水はあまり冷たすぎるものは避け、常温に近いものの方が吸収がいいと言われています。


乾燥しがちな時期を乗り越えましょう!

●誰でも簡単にできる乾燥肌改善法


 
美肌を目指すなら、はちみつを摂り入れてみましょう。
はちみつを取り入れることによって美肌に近づけられるとして、注目されています。

はちみつは、殺菌・抗菌力を高め、お肌の中を殺菌してくれます。
また免疫力を高めてくれるので、風邪もひきにくくなります。

脳のエネルギー源になるので、脳を活性化させ集中力を高める効果もあり
胃腸の調子もよくなり、肌の調子も良くなることから美肌へとつながります。

はちみつを毎日摂ることで体の中から健康になり、自然と肌の調子も良くなっていきます。


はちみつは、ミネラルやビタミンが多く含まれる健康食品です。
カルシウムや鉄、ナトリウム、カリウム、ビタミンB1、B2、B3、葉酸も
多く含まれています。

料理の時に、砂糖や黒砂糖のかわりにはちみつを使えば、
はちみつは砂糖と比べると低糖なので、ダイエットにもつながります。

また料理をしない人には、はちみつ入りドリンクやサプリメントを利用すると
効率よくはちみつをとることができます。

はちみつを使って洗顔する方法やパックなどもあります。
石鹸や洗顔料に蜂蜜を少し混ぜて使い、それで顔を洗って十分なお湯ですすいで流すと
うるおいがキープされしっとりとしたお肌になります。
はちみつを顔に塗って15分くらいしたら洗い流すパックもおすすめです。
今回ご紹介するのは、美肌のための、天使の美肌クリームです♪

サラっと塗って、うるおい美肌へ導くクリームですよ~

天使の美肌クリーム 80g

天使の美肌クリーム 80g」は、美肌水成分の尿素とグリセリンのほかに
ヒアルロン酸と植物性スクワランも配合されています。

オリーブオイルから抽出した植物性スクワランは油性感が少なく、
お肌への馴染みも良くサラッとしっとり潤います。
ヒアルロン酸は水分を保持する力が大きく、肌をみずみずしく保ちます。

しっとり潤うのにサラッとした使い心地で、
ベタつかずにお肌をみずみずしく保ちます。

防腐剤、アルコール無添加、香料や着色料なども使用しておりませんので、
デリケートなお肌の方でも安心してお使い頂けます。

水分を閉じ込めて保湿効果を持続できます。
乾燥肌のお手入れや、カサカサしがちなひげそり後の男性の肌にも、
ご利用いただけます。

「天使の美肌クリーム 80g」の詳細を見る


  
いま、ムダ毛が気になる方で圧倒的に多いのが『顔のムダ毛』です。

特に、“小鼻の黒ずみ”や“口ヒゲ”を気にする人が増えています。

次に、『指のムダ毛』です。スマホの普及と比例するかのように、
指のムダ毛が気になる方が増えています。

仕事中、食事中、移動中など、スマホに触れている時間が多いためか、
今まで以上に指毛を気にしたり、周囲の視線が気になって仕方がない
という方も多いようです。

これからの季節、特に顔や手は保湿ケアも大切です。

寒くなってくると、乾燥が原因で白い粉を吹いたり、痒くて掻きむしったり・・・
ムダ毛も何とかしたいけど、保湿ケアも重要になってきます。

今の季節にこそ使って効果があるのが、
ムダ毛が薄くなる話題の抑毛ジェルコントロールジェルMEです。

『コントロールジェルME』には、ムダ毛と保湿の両方ケアできる成分が
たくさん含まれています。

顔の乾燥が酷くなれば、ムダ毛も自然と目立ってしまいます。

お顔や指のムダ毛を気にしている方は、いち早く、
ムダ毛が薄くなる話題の抑毛ジェル『コントロールジェルME』
をお使いすることをおすすめいたします。




毎日のムダ毛処理でヒリヒリお肌のあなたに
↓↓↓
お肌ダメージゼロ ムダ毛対策ジェル
体の中でも、皮脂の分泌が多いのが背中です。

背中のにきびは、見えないところだけに気になります。
見えないだけにゴシゴシこすってしまうことも多いです。
汚れを落とそうとしてゴシゴシこすると、その部分が傷ついてしまい、
余計に悪化してしまいます。

ナイロンタオルなどは通気性が悪いのでよくないです。
肌に優しいシルクや綿等の天然のものがよいですが、何よりも入浴法がお勧めです。
 
シャワーだけで済ませずに、お湯でお風呂に入り、しっかり肩までつかります。
お湯につかるだけでも毛穴が開き、汚れは落ちます。
さらに、重曹を加えると、毛穴の汚れが取れ、余分な皮脂を押さえてくれます。
かさつきが気になるようでしたら、塩をプラスしてみましょう。
ゴシゴシこすらずとも、お風呂のお湯の中で汚れが落ちます。
こすらずに汚れが落ちるので、気がついたらきれいになっていると思います。

色素沈着も産毛の感じも改善される可能性が高いです。

まずは気長に、こすらず、いじらず、触らずを実行してみましょう。
ゆっくりお風呂に浸かって毛穴から余分な皮脂が出て行き、
お塩のミネラル成分が肌を修復してくれると想像してみて下さい。

ほうれい線を悪化させる代表的な原因は、3つあります。


(1)ハリ・弾力の低下
弾力があってハリのある若い肌は、表情の変化や重力に負けることなく
ピンと張った状態を保っています。ところが、紫外線による光老化や
乾燥・加齢によってハリや弾力が失われると、表情の変化によってしわが
つきやすくなったり、肌が自らの重みを支えきれなくなってしまいます。
ハリ・弾力の低下はほうれい線を深刻化させる最大の原因のひとつです。

ただ、このタイプのほうれい線はハリや弾力を取り戻せば解消に向かうため
コスメでのケアが最も効果を発揮しやすいタイプともいえます。
根気強くほうれい線対策を続けることがカギです。


(2)筋肉の衰えによるたるみ
顔を覆う筋肉のうち、頻繁に活躍する筋肉は全体のたった3割程度。
つまり顔の筋肉の大半があまり使われていないのです。筋肉は使わないでいると
衰える一方。皮膚の重みを支えきれなくなり、皮膚が垂れ下がってしまいます。
この「筋肉の衰えによるたるみ」が引き起こすほうれい線の解消のカギは、
ズバリ「筋トレ」。フェイササイズなどを取り入れたほうれい線対策が必須です。


(3)生まれつきの原因
ほうれい線の現れには骨格や筋肉の付き方など、生まれつきの原因も関係しています。
肌の衰えとは無縁な年頃からほうれい線で悩まれる方は多く、このような方の
ほうれい線は骨格や筋肉のつき方が関係しているようです。
赤ちゃんでもほうれい線がある子がいるのがいい例です。
このタイプのほうれい線はスキンケアだけでは解消が難しいため、
美容外科でのプチ整形的アプローチを加えた対策がオススメです。




★30代からのほうれい線ケア★Pure&Silk(ピュアアンドシルク)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。