2013年10月

ここでは、2013年10月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴールデンタイムといわれる22時〜2時という時間は、
生体リズムから考えられている時間です。

ヒトの肌の新陳代謝に大きく関係する深い睡眠のノンレム睡眠時に
分泌される成長ホルモンは、寝入ったあと最初のノンレム睡眠のときに
分泌がピークに達することから、“肌再生のゴールデンタイム”といわれています。

最近の研究では、「時計遺伝子」となるものが発見されたらしく、
本来ヒトの生体リズムは1日25時間で刻まれているのを
24時間にリセットする遺伝子のことで、この時計遺伝子は
朝日を浴びることでスイッチが入り、約1時間のズレを修正するのだとか。

朝食をしっかりとることでこのズレを修正する働きがあるようで、
朝食を抜くと生体リズムが崩れてカラダのバランスが崩れて
肌の調子も体型も崩れてしまうことにつながることがわかっています。
朝食を抜くと前の日の夕食から次の日の昼食まで何も口にしていないため、
活動エネルギーを減らそうと脳が働き、代謝機能が落ちるとともに
昼食に食べるものをカラダに余分に蓄えようと働くからです。

朝早起きしてしっかりバランスのよい朝食をとる事と、
早く寝て成長ホルモンをきちんと分泌させることが、
美肌をつくる秘訣のようです。
スポンサーサイト
かかとは、カサカサになってしまっていることが多いですが
それは、かかとが体を支えているためにできた古い角質なんです。
体重や合わない靴などで、かかとが圧迫を受けたり摩擦されたりして
角質が厚くなってしまうのです。

この硬いかかとの古い角質は、足のクサイにおいの原因にもなっています。
特に男性は普段かかとのお手入れをする機会が少ないと思うので要注意。
古い角質がたまって足がクサくなっているかもしれません。
さらに、この古い角質は水虫の大好物。
水虫が原因で足の角質が分厚くなってしまうこともあります。

普段放っておきがちな足のかかとですが、思えば歩くとき最初に地面について
体を支えるのが、かかとです。かかとの厚みは体を支えてくれたものだと思うと
大切にケアしてあげたいな、と思います。



放っておくと、足のクサイにおいや水虫の原因になってしまう角質ですが、
もともと角質は、外の刺激から体の内部を守ろうとするためにできるものです。
だから、ケアしすぎるのもよくないんです。
体がつくるものにはやっぱり何か役割があるんだな、と感心させられます。
角質の役割をきちんとわかった上で、程よくケアしていきたいな、と思います。

 足裏ランランスピーディー

足裏ランランスピーディー

¥2,878(税込)

つけ置き時間が短くなったスピーディタイプ!履いて浸して洗い流すだけの簡単角質ケア♪つるすべかかとで素足に自信を! …

拡大画像を見る
 足裏ランランスピーディー 足裏ランランスピーディーをカートに入れる
ゴボウ茶は、若返りにとても効果的だと、噂や評判になっています。
若返り・・・美しい美肌!

年をしっかりと取ると、だんだん毛穴がしっかりと開き気味になってきます。
さらにキメがすごく粗く、シミもとても著しく増えてきます。
しっかりと開いた毛穴が密接にしっかりと繋がることで小じわになるような事象や現象もおきます。

これらのお肌の老化も、ゴボウ茶によって若々しく息を吹き返し、甦り、復活するというのです。

これはとても嬉しく喜ばしいことですよね。
高齢の方でも、美しい美肌の方はとてもたくさんいます。
しかし、普通、ヤングで若い時の美しい美肌をしっかりとキープするのはとても困難で難しいです。

それでも、ゴボウ茶をずっと飲み続けることで
ヤングで若い時の美しい美肌にもう一度戻れるというのです。

この若返り効果は非常に、とても嬉しく喜ばしいものです。


ゴボウ茶は、ゴボウからしっかりと作られたお茶なので
ゴボウの風味を存分に楽しみたいと思うのであるとしたら、
煮出すか、そのままお湯を注いで飲むのが一番かなり良いと思います。


他にも、砂糖をさらに加えてみたり、ハチミツをさらに加えてみたり、
色々で様々にお一度試しになってバリエーションや種類をとても著しく増やしてみましょう。

コラーゲンは、美容にも健康にも良い成分です。

コラーゲンの摂取方法で、忘れてはならないのが「飲む」方法です。
コラーゲンドリンクの多くは、腸管で消化吸収しやすいように、
酵素発酵によって低分子化が図られており、多様な効果が期待されています。

コラーゲン入り飲料は、多様な効果が期待され、
その多くが、魚の骨や鱗、牛皮、豚皮、牛軟骨などを原料として、
腸管で消化吸収しやすいように、酵素発酵によって低分子化が図られています。

また、その使用する酵素の種類や分解法によって様々な特性がありますので、
非常に多種類のコラーゲン入り飲料が販売されています。

コラーゲンというのは、細胞と細胞を繋ぐ土台とならなくてはならない
重要なタンパク質で、若さと健康を保つ為には、不可欠な存在です。

コラーゲンが充分にあると、若々しい肌や健康な体を維持することが出来るのです。
その為にも、是非コラーゲン入り飲料を飲んで、健康な体を維持して下さい。

お薦めのコラーゲンドリンクはこちらです↓

低分子コラーゲン10,000mg配合! アスタリフトのコラーゲンドリンク

初回半額!送料無料♪アスタリフトのコラーゲンドリンクお試しサンプル



ビタミン群がたくさん含まれている食品には美肌効果が期待できます。
今回ご紹介する食品は、「ゴマ」です。
ゴマは、美肌効果がある食品ですので積極的に摂取しましょう。

ゴマには血液をサラサラにしてくれる成分がありツヤ肌効果には抜群です。

また、ごまの良い所は、ビタミンE。
ビタミンEは新陳代謝をたすけるので、蓄積されたメラニンを排出してくれます。

ビタミンA,B,ナイアシン、タンパク質・鉄分・カルシウム・セサミンなども
多く含まれています。
セサミンには、美肌効果・便秘解消・抗酸化作用もある為、
活性酸素に働きかけてくれる効果も期待できます。
セサミンは肝臓に作用して中性脂肪などを減らしてくれます。


さらにゴマのすごいところは、強力にサビの原因を取り除いてくれる
ゴマリグナンの存在です。
ゴマグリナンは無駄なくカラダの隅々まで栄養分や酸素が送り届けられ
代謝や血行を促進させてくれるのです。
その結果、いつもみずみずしい肌をキープできるというわけです。


美肌効果のために、ゴマを積極的に摂取しましょう。


金乃ねりごま 150g

金乃ねりごま 150g

¥1,000(税込)

「金乃ねりごま 150g」は、厳選した胡麻を水洗いし、ていねいに皮を取りのぞき、胡麻職人の独自の特殊製法で丹念に焙煎し練り上げ、栄養豊富なごまの成分を効率よく吸収されるクリーミィーで風味豊かに仕上げた練りごまです。…

拡大画像を見る
金乃ねりごま 150g金乃ねりごま 150gをカートに入れる


 
胃腸の健康が美肌につながります。
美肌をめざすには、まずは腸内環境を整える事が大切です!

腸内環境を整えると言えば、ヨーグルト。
腸内の悪玉菌を抑え、善玉菌を増やして腸内環境を整え、
さまざまなお肌のトラブルの原因となる便秘を改善してくれます。

また、腸には免疫細胞全体の70%が集中しているので
腸内環境が良くなると免疫力が高まり、花粉症やアトピー性
皮膚炎などのアレルギー反応が抑えられます。

ヨーグルトには、美肌に大切なビタミンA群やB群もふくまれています。
さらに、美肌に必要なタンパク質が乳酸発酵によって腸で
吸収されやすくなっています。毎日100g以上のヨーグルトを食べると、
1週間程度で腸内のビフィズス菌が増えるそうです。

秋は季節の変わり目で、お肌も荒れやすくなっています。
きちんとケアをして、自慢できるお肌にしていきましょう。

凸凹、黒ずみ、赤らみ、ニキビ痕を、スベスベお肌に導くには~~~

新発想!!ニキビ痕専用導入型化粧水!
Reproskin(リプロスキン)


詳しくはコチラをクリック!!
>>>私のスベスベ肌の秘密はコチラ!!







 
「気がつけば背中ににきびが出来ていた」
「ブツブツの肌なんて他人に見られたくない」

なんて悩みを持つ方は多いようです。

「気がつけば背中ににきびが出来ていた」
「ブツブツの肌なんて他人に見られたくない」

なんて悩みを持つ方は多いようです。

背中にきびの予防としては、ビタミンB類を摂ることが効果的です。

脂肪を過剰に摂取すると、脂肪の代謝に必要なビタミンB類が
どんどん使われ、不足してしまいます。
ビタミンB2やビタミンB5は脂肪代謝に、ビタミンB1は糖分代謝に、不可欠です。

脂っこいものや、甘いものが好きな人には特に必要な栄養素です。
油脂分、甘味類、香辛料など刺激物の過剰摂取は避け、背中にきびを予防しましょう。

その他、皮膚の健康を保つ働きがあるビタミンとして、ビタミンB6があります。

ビタミンB2は、皮膚の代謝を促し、皮膚の再生、成長を促進させます。
皮膚の抵抗力を高めることによって、背中にきびの予防につながります。

高脂肪食のファーストフードやコンビニ弁当などを多く取られる方は、
ビタミン不足の傾向にあるといわれます。

背中にきびの予防として、バランスのとれた食事を心がけ、
ビタミンB類を適切に摂取したいものです。



類を摂ることが効果的です。

脂肪を過剰に摂取すると、脂肪の代謝に必要なビタミンB類が
どんどん使われ、不足してしまいます。
ビタミンB2やビタミンB5は脂肪代謝に、ビタミンB1は糖分代謝に、不可欠です。

脂っこいものや、甘いものが好きな人には特に必要な栄養素です。
油脂分、甘味類、香辛料など刺激物の過剰摂取は避け、背中にきびを予防しましょう。

その他、皮膚の健康を保つ働きがあるビタミンとして、ビタミンB6があります。

ビタミンB2は、皮膚の代謝を促し、皮膚の再生、成長を促進させます。
皮膚の抵抗力を高めることによって、背中にきびの予防につながります。

高脂肪食のファーストフードやコンビニ弁当などを多く取られる方は、
ビタミン不足の傾向にあるといわれます。

背中にきびの予防として、バランスのとれた食事を心がけ、
ビタミンB類を適切に摂取したいものです。



人はもともと、美しい肌を保つ仕組み(自然免疫)を持っています。
この仕組みを大切にすれば、加齢による衰えを遅らせ、長く美しい肌を保つことができます。

肌から排泄される汗や皮脂には、肌にとって有効な成分が含まれています。

汗は、皮膚に無数にある汗腺から分泌されます。
体温が熱くなったときに汗を出して体温調節の働きをしますが、
汗の役目はこれだけではありません。
皮脂と混じり合って潤いを保ち、皮脂と混じり合うことによって、
弱アルカリ性の皮膚表面を弱酸性にして皮膚を保護します。

一方、皮脂は毛孔内に皮脂腺が開いていて、そこから分泌されます。
頭髪に油分を供給しパサつくのを防いでいますが、
肌にも油分、天然の保湿クリームを供給しています。
この皮脂の分泌は、性別、体質や食事などによって分泌される量に差があります。
バランスのよい食事をしていれば問題ありませんが、脂っぽいものを多く摂ると
多量の皮脂が分泌されて、過酸化脂質の状態になったりします。
皮脂の分泌が多いと、毛穴を詰まらせるほか老化を早める恐れもあります。
天然素材の石鹸などを使い清潔に保つ必要があります。

皮膚からの排泄物だけで、十分に肌の潤いは保たれ健康な肌が維持できるのに
余分なクリームなどをつける必要はまったくありません。

肌の排泄、つまり皮膚の代謝が正常ならば健康な肌は保たれます。
肌の代謝は、規則正しい生活、バランスのよい食事、そして腸の健康が大切です。
肌も腸も詰まらせてはいけません。

「肌も腸も詰まらせない」 それが美肌の秘訣です。

美肌のために、皆様も色々と対応されていることでしょうが
きれいな美肌とスリムなボディに若返るための効果につながるのが、

よく噛んで食べること! です☆☆☆

よく噛むことで、唾液に含まれる「若返りのホルモン」と呼ばれる
パロチンが分泌され、細胞の老化を防いでくれます。

また、よく噛むと味覚が刺激されて、ノルアドレナリンという物質も分泌され、
全身の細胞の活動が活発化させ、肌や体がますます若返りしてきます。

それに、よく噛むと栄養分の消化吸収が早く開始され、
少ない量で満腹感が得られるので、ダイエットにも効果抜群です。


食べ物をよく噛むだけで、美肌に若返り、ダイエット効果でスリムなボディが作られるのです。

皆さんも、食事の際にはよく噛んで食べましょう♪

保湿効果がある栄養素は脂肪の多い魚類、種実類、植物油などに含まれる
ビタミンEで、これに水分摂取を心がける必要があります。

乾燥の目立つ部位には保湿剤や保湿化粧品で潤いを与えたり、
加湿器などで生活空間の湿度を調整することも考慮しましょう。


■保湿対策に効果のある栄養素と食品

【ビタミンE】
たらこ・卵・うなぎの蒲焼・真鯛・にしん・ぶり・大豆・植物油・バター・マヨネーズ・ドレッシング・アーモンド・落花生・ごま・モロヘイヤ・かぼちゃ・アボカド

【脂肪の多い魚】
マグロのトロ・はまち・いわし・養殖真鯛・さば・にしん・ぶり・さんま・うなぎの蒲焼・鮭

【植物油】
オリーブ油・菜種油・しそ油・えごま油
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。