2013年08月

ここでは、2013年08月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴボウ茶は、若返りにとても効果的だと、噂や評判になっています。

若返りと言えば、そう・・・美しい美肌です。

年を取ると、だんだん毛穴が開き気味になってきます。
さらにキメがすごく粗く、シミもとても著しく増えてきます。
しっかりと開いた毛穴が密接にしっかりと繋がることで、小じわになるような事象や現象もおきます。

これらのお肌の老化も、ゴボウ茶によって若々しく息を吹き返し、甦り、復活するというのです。

これはとても嬉しく喜ばしいことですよね。
高齢の方でも、美しい美肌の方はとてもたくさんいます。
しかし、ヤングで若い時の美しい美肌をしっかりとキープするのはとても困難で難しいです。

それでも、ゴボウ茶をずっと飲み続けることで
ヤングで若い時の美しい美肌にもう一度戻れるというのです。

この若返り効果は、とても嬉しく喜ばしいものです。


ゴボウ茶は、ゴボウからしっかりと作られたお茶なので
ゴボウの風味を存分に楽しみたいと思うのであるとしたら、
煮出すか、そのままお湯を注いで飲むのが一番かなり良いと思います。


他にも、砂糖をさらに加えてみたり、ハチミツをさらに加えてみたり、
色々で様々にお試しになってバリエーションや種類を増やしてみましょう。
飽きもせずに、ずっとゴボウ茶を楽しめ美肌に効果が出てくるはずです☆

スポンサーサイト
女性の皆さま、あなたがお持ちの化粧品に配合されている
コラーゲンは、どこのブランドのものか知っていますか?


コラーゲンと一言で言っても、「種類」や「大きさ」、
「つくり方」など、それぞれに実は全然違うものなのです。

ニッピは、化粧品や健康補助食品から医療の分野まで、
コラーゲン業界におけるコラーゲン原料の販売シェアNo.1メーカーです。

今や美容と健康には欠かせない存在となったコラーゲン。
コラーゲンの中でも特別大切にしている“肌にあるコラーゲン”と同じ構造の
コラーゲン(三重らせん構造)をそのまま化粧品にしています。
ニッピコラーゲン化粧品


これは、シェアNo.1メーカーとして、さまざまなコラーゲンを
世界的に研究・製造しているニッピが、他社には一切提供していない
貴重なコラーゲン原料です。

その力は、一般的な化粧品に使われているコラーゲンの
2倍の保湿力を持っています。

たっぷり 約2週間分
 ≫≫ お試し用スキンケアクリーム(15g)≪≪
 今ならお試し価格でご提供! 1,260円(税込)!
 【ニッピコラーゲン化粧品 】             





かかとは、カサカサになってしまっていることが多いですが
それは、かかとが体を支えているためにできた、古い角質なのです。
体重や合わない靴などで、かかとが圧迫を受けたり摩擦されたりして
角質が厚くなってしまうのです。

この硬いかかとの古い角質は、足のクサイ匂いの原因にもなっています。
特に男性は、普段かかとのお手入れをする機会が少ないと思うので要注意です。
古い角質がたまって足がクサくなっているかもしれません。
さらに、この古い角質は水虫の大好物でもあります。
水虫が原因で足の角質が分厚くなってしまうこともあります。

普段放っておきがちな足のかかとですが、歩くときに最初に地面について
体を支えるのが、かかとです。かかとの厚みは体を支えてくれたものだと思うと
大切にケアしてあげたい、と思います。




放っておくと、足のクサイにおいや水虫の原因になってしまう角質ですが、
もともと角質は、外の刺激から体の内部を守ろうとするためにできるものです。
だから、ケアしすぎるのもよくないのです。
体がつくるものにはやっぱり何か役割があるんだな、と感心させられます。
角質の役割をきちんとわかった上で、程よくケアしていきたいな、と思います。
連日の晴天続きで、真っ黒に日焼けをしてしまったという
お子様が多くいらっしゃるようです。

また、幼稚園児・小学生からムダ毛に悩んでいる
お子様も日本中にたくさんいます。

お子様のムダ毛が気になるけど、気づかれないように何とかしてあげたい!と思っている、
そんなムダ毛商品がないかと、ネットで探されている親の方も多いです。

お子様に使えるムダ毛商品は、
『コントロールジェルME』が高評価です。

似たような抑毛ローションも出回っていますが、お肌への浸透力が違います。
また、美容成分も含まれている“ハイレベルな抑毛ジェル”は、
コントロールジェルMEです。

小さい頃から使っていて毛が濃くならないか?
というような懸念ももたれるかもしれませんが、
コントロールジェルMEが原因で、ムダ毛が濃くなることはありません。

小さいお子様から使えるように、高品質な原料にこだわり
防腐剤も限りなく少なくした敏感肌専用のムダ毛ケア商品です。

お肌を傷つけることもなく、1日2回、気になる箇所に塗るだけで
日焼けのケアと同時に、簡単にムダ毛ケアができます。

コントロールジェルMEの容器に、ムダ毛に塗る・ムダ毛が気になるというような
表示がないので、お子様に気付かれることなくムダ毛ケアができます。

ぜひジェルMEの安全性なども伝えていただき、
お子様にも使える『コントロールジェルME』
をお使いになられてみてはいかがでしょうか。

濃いムダ毛が薄く細く自然に→話題の抑毛ジェル






この暑い夏、私も真っ黒に日焼けし・・・あまりの肌の乾燥に「ゲッ」と思いました。


みなさまの中にも、
「日焼けしてしまって、肌がゴワゴワする」
「一日中エアコンの中にいて、夕方には肌がカピカピする」
「気付いたら、この夏肌が老けた気がする」
という方はいらっしゃいませんか?


汗や湿気で潤っているように見えて、実は乾燥している夏の肌。

連日「熱中症対策に、こまめな水分補給を」との記事もよく見ますが、
水分補給が必要なのは、この時期の“肌”も同じです。




真夏の大敵である化粧崩れを解決するためにいいのが、
艶肌の秘密 バイオ基礎化粧品b.glen

の『モイスチャライジング化粧直し』です。


いくら化粧直ししても決まらないということが多いこの時期。

<モイスチャライジングゲル>で汗をかいた部分をふき取ると同時に潤いを与えると、
化粧崩れと乾燥のダブルで悩まされる、目元や口周りも“朝の顔”に戻れるんです。


これからディナーに出かけるのに、化粧が崩れてる!
というとき等に、ぜひお試しください。



秋に後悔しない今やるべき<夏の保湿ケア>を。

夏の乾燥で、肌トラブルを引き起こさないように!
今年になって私が読んだ中で最高の本。それが、今回ご紹介する南雲吉則さんの

50歳を超えても30代に見える生き方 「人生100年計画」の行程表  

です。

50歳を超えても30代に見える生き方 「人生100年計画」の行程表 (講談社+α新書)



いやぁ~ この本には、40代の男の私も、すごく興味を持って何回も読んでしまいました。

「20歳若返るシンプル生活術」
「細胞から若返る食事術」
「寿命が14歳延びる4つの習慣」
「肌は洗うとうるおわなくなる」
「完全栄養を摂る簡単な方法」
「甘いものの誘惑を断ち切る方法」
「誰でも実践できる花粉症の撃退法」
「一汁一菜ダイエットのすすめ」
「ゴボウのアクに若返りの秘密が」
「スポーツをすると健康になれない」
「歩くだけで燃える内蔵脂肪」

などなど、すごく参考にできる情報が数多く読めました。

できればその内容をここでご紹介したいものですが、
・・・勝手にアップしてしまうと著作権の問題になってしまうので
興味のある方は、ぜひ本をお読みになられることをおすすめします。




疲れが目立つ夏の終わりの肌。肌の健康を守ることは美容面でも重要な課題です。
紫外線や冷房による乾燥で弱った肌を守り、回復させる方法をご紹介します。


ストレスを溜めない規則正しい生活

皮膚が上手く入れ替わるためには十分な睡眠も必要。
できる限り睡眠不足を避け、その日の疲れはその日のうちに取るようにしましょう。
ストレスも肌の大敵。夜遅い時間に、お化粧を落とさないで寝てしまったり……
というのはもっての他です。十分注意しましょう。


ごしごし洗顔を止めて、肌の表面をいたわる

無理にこすらなくても、角質は自然と垢になって剥がれ落ちるもの。
角質にも、皮膚の水分と脂分を保つという大事な役割があるので、
無理やりはがそうとすると皮膚が乾燥し、シワや荒れが余計に目立ってしまうことがあります。

さらに、こすりすぎはシミの原因になる色素沈着を起こすことも……。
皮膚はとても薄く、デリケートな組織なので、大事に扱いましょう。


バランスのよい食事と、適度なビタミン摂取

皮膚を作るのは食事なので、栄養バランスの良い食事を、規則正しく摂りましょう。
ビタミンCは長い間内服すれば、シミをある程度薄くできます。

ビタミンAやC、Eは皮膚の老化防止に役立つといわれています。
ビタミンAはにんじん・ほうれん草など、
ビタミンEはアボガドやごま、ナッツなどに多く含まれます。
ポリフェノールなど抗酸化作用のあるものも美肌に効果的と考えられていますので
上手に摂取して、お肌の健康づくりに活かしましょう。

美肌を目指すなら、ハチミツを摂り入れてみませんか。
ハチミツを取り入れることによって美肌に近づけるとして、注目されています。

ハチミツは、殺菌・抗菌力を高め、お肌の中を殺菌してくれます。
また免疫力を高めてくれるので、風邪もひきにくくなります。

脳のエネルギー源になるので、脳を活性化させ集中力を高める効果もあり
胃腸の調子もよくなり、肌の調子も良くなることから美肌へとつながります。

ハチミツを毎日摂ることで体の中から健康になり、自然と肌の調子も良くなっていきます。


ハチミツはミネラルやビタミンが多く含まれる健康食品です。
カルシウムや鉄、ナトリウム、カリウム、ビタミンB1、B2、B3、葉酸も
多く含まれています。

料理の時に、砂糖や黒砂糖のかわりにハチミツを使えば、
ハチミツは砂糖と比べると低糖なので、ダイエットにもつながります。

また料理をしない人には、ハチミツ入りドリンクやサプリメントを利用すると
効率よくハチミツを摂ることができます。

ハチミツを使って洗顔する方法やパックなどもあります。
石鹸や洗顔料にハチミツを少し混ぜて使い、それで顔を洗って十分なお湯ですすいで流すと
うるおいがキープされしっとりとしたお肌になります。
ハチミツを顔に塗って15分くらいしたら洗い流すパックもおすすめです。
夏になり、日差しの強さもすごいですね。

肌へのダメージを残さないためにも、日差しへのスキンケアを心がけることが大切です。
肌の老化にも影響してきますので、面倒がらずに、正しいお手入れをしたいものです。

夏の疲れた肌対策方法をご紹介します。

夏肌のスキンケアのコツ

ポイント1:キメ細かい泡で優しく洗顔を

汗をよくかき、メイク崩れなどもおきやすい夏。
自分が思っている以上に、肌は汚れています。
メイク落しや洗顔は手を抜かず、しっかり行いましょう。

ただし、絶対にゴシゴシ洗ってはいけません。
洗顔フォームや洗顔石鹸を使うときは、よく泡立てキメ細かい泡をたっぷりと作りましょう。
泡立ちネットなどを使用すると簡単に泡立てることができます。

作った泡を顔に乗せ、泡を肌の上で転がすように指の腹を使って、
顔の中心部分から外側に向けてクルクル回しながら優しく洗っていきます。
洗顔をするときは、汚れているからといって力を入れず優しく洗いましょう。
優しく洗うことで、キメ細かい泡が毛穴に入り込み、汚れを取り除いてくれます。

メイク落としや洗顔料はお肌に洗い残しがないように、丁寧に洗い流しましょう。
肌に残っていると、それが肌トラブルの原因になってしまいます。

ポイント2:化粧水パックを使うなど、保湿をしっかりと

夏は、じめじめし自分の肌が乾燥していることになかなか気づけません。

紫外線を浴びたりクーラーのきいた部屋に長くいると、肌はかなりダメージを受け、
乾燥しがちです。化粧水などや乳液などのスキンケアは手を抜かずにたっぷりしましょう。

3日に1度くらいのペースで化粧水のパックをしてしっかり肌に水分をいきわたらせれば、
その後の肌はもちもちに復活してくれます。

ポイント3:冷やした化粧水で肌をクールダウン

紫外線を浴びすぎると、夜になっても顔が熱くほてったように感じることがあります。
このほてりをその日のうちに抑えて開いた毛穴が引き締しめることで、
たるみやにきびなどの予防にもなります。

夏は化粧水を冷蔵庫で冷やし、入浴後のスキンケアでお肌を冷やしましょう。
冷たい缶ジュースなどを肌の上でコロコロ転がしても、簡単にほてりを抑えることができます。




紫外線は夏だけにとどまらず年中降り注いでいます。常に普段のスキンケアは丁寧に!

そして、できるだけ紫外線を浴びないよう、日傘や帽子、日焼け止めなどを
ちょっとの時間でも使うようにして、肌へのダメージを少なくしましょう。

紫外線対策と普段のスキンケアをしっかりすることが、美肌を維持するために重要なポイントです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。