2012年10月

ここでは、2012年10月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
胃腸の健康が美肌につながります。
美肌をめざすには、まずは腸内環境を整える事が大切です!

腸内環境を整えると言えば、ヨーグルト。
腸内の悪玉菌を抑え、善玉菌を増やして腸内環境を整え、
さまざまなお肌のトラブルの原因となる便秘を改善してくれます。

また、腸には免疫細胞全体の70%が集中しているので
腸内環境が良くなると免疫力が高まり、花粉症やアトピー性
皮膚炎などのアレルギー反応が抑えられます。

ヨーグルトには、美肌に大切なビタミンA群やB群もふくまれています。
さらに、美肌に必要なタンパク質が乳酸発酵によって腸で
吸収されやすくなっています。毎日100g以上のヨーグルトを食べると、
1週間程度で腸内のビフィズス菌が増えるそうです。

スポンサーサイト
美肌を目指すなら、蜂蜜を摂り入れてみましょう。
蜂蜜を取り入れることによって美肌に近づけられるとして、注目されています。

蜂蜜は、殺菌・抗菌力を高め、お肌の中を殺菌してくれます。
また免疫力を高めてくれるので、風邪もひきにくくなります。

脳のエネルギー源になるので、脳を活性化させ集中力を高める効果もあり
胃腸の調子もよくなり、肌の調子も良くなることから美肌へとつながります。

蜂蜜を毎日摂ることで体の中から健康になり、自然と肌の調子も良くなっていきます。


蜂蜜はミネラルやビタミンが多く含まれる健康食品です。
カルシウムや鉄、ナトリウム、カリウム、ビタミンB1、B2、B3、葉酸も
多く含まれています。

料理の時に、砂糖や黒砂糖のかわりに蜂蜜を使えば、
蜂蜜は砂糖と比べると低糖なので、ダイエットにもつながります。

また料理をしない人には、蜂蜜入りドリンクやサプリメントを利用すると
効率よく蜂蜜をとることができます。

蜂蜜を使って洗顔する方法やパックなどもあります。
石鹸や洗顔料に蜂蜜を少し混ぜて使い、それで顔を洗って十分なお湯ですすいで流すと
うるおいがキープされしっとりとしたお肌になります。
蜂蜜を顔に塗って15分くらいしたら洗い流すパックもおすすめです。
かかとは、カサカサになってしまっていることが多いですが
それは、かかとが体を支えているためにできた古い角質なんです。
体重や合わない靴などで、かかとが圧迫を受けたり摩擦されたりして
角質が厚くなってしまうのです。

この硬いかかとの古い角質は、足のクサイにおいの原因にもなっています。
特に男性は普段かかとのお手入れをする機会が少ないと思うので要注意。
古い角質がたまって足がクサくなっているかもしれません。
さらに、この古い角質は水虫の大好物。
水虫が原因で足の角質が分厚くなってしまうこともあります。

普段放っておきがちな足のかかとですが、思えば歩くとき最初に地面について
体を支えるのが、かかとです。かかとの厚みは体を支えてくれたものだと思うと
大切にケアしてあげたいな、と思います。




放っておくと、足のクサイにおいや水虫の原因になってしまう角質ですが、
もともと角質は、外の刺激から体の内部を守ろうとするためにできるものです。
だから、ケアしすぎるのもよくないんです。
体がつくるものにはやっぱり何か役割があるんだな、と感心させられます。
角質の役割をきちんとわかった上で、程よくケアしていきたいな、と思います。
トマトが美肌に良いというのは本当です。
様々な野菜の中でもトマトはバランスよくビタミン類を含んでいて、
赤い色の元でもあるリコピンを持っています。

リコピンにはアンチエイジング作用があるので
トマトを食べることでシワやたるみを防いだり、
トマトを食べる他にケアをすることでそのケアの効果を倍増させることも可能です。
その他ビタミンCなどの栄養成分もトマトの美肌効果の一端を担っている栄養素です。
ビタミンCは肌トラブルの改善の他、ハリを守る効果もあります。

トマトの食べ方ですが、基本的に美肌という側面から考えると
栄養をそのまま摂ることの出来る生の方が望ましいと言われています。

トマトはそれほど苦味のある食材ではないので飲み物にも適していて
野菜ジュースには必ずと言っていいほど入っていますし、
トマトの冷ジュースなどはお勧めです。

お家でエステ!
炭酸パックでワンランク上の美肌を目指そう!


シナジーンバブルパック

エステユースの高いクオリティをそのままに、自宅で手軽に使用できるように改良された
シナジーンバブルパック

ジェルを取り除いて洗い流すことで、きれいなお肌へと整え
こだわりの美容成分も配合した贅沢美肌ケア!

お顔全体に塗布し10分程度置くと・・・・

炭酸ガスが発泡し、お肌をきゅっと引き締めてハリのあるお肌へと導きます。
細かく発泡した炭酸パックが毛穴の奥に入り込み、毛穴に詰まった余分な皮脂や汚れを浮かせ、
ジェルを取り除いて洗い流すことで、きれいなお肌へと整えます。

ワンランク上の美肌を目指す、こだわりの美容成分を配合

プラセンタエキス、コエンザイムQ10(ユビキノン)が弾力のある輝きハリ肌へ、
加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Naが潤いのある保湿肌に導きます。

さらに、ハマメリスエキスがお肌をきゅっと引き締め、
洗い流した後は潤いのあるもっちり肌を実感できます。


炭酸ガス発生【ハリ・お肌の引き締め・ツヤ・輝き】
炭酸水素Na、クエン酸

【ハリ・弾力・輝き】
プラセンタエキス、コエンザイムQ10(ユビキノン)、
EGF(ヒトオリゴペプチド-1)、ツルドクダミ根エキス、
オタネニンジンエキス、チャ葉エキス

【お肌の引き締め】
ハマメリスエキス

【潤い】
加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、加水分解ダイズタンパク

「シナジーンバブルパック」の詳細を見る


 

人はもともと、美しい肌を保つ仕組み(自然免疫)を持っています。
この仕組みを大切にすれば、加齢による衰えを遅らせ、長く美しい肌を保つことができます。

肌から排泄される汗や皮脂には、肌にとって有効な成分が含まれています。

汗は、皮膚に無数にある汗腺から分泌されます。
体温が熱くなったときに汗を出して体温調節の働きをしますが、
汗の役目はこれだけではありません。
皮脂と混じり合って潤いを保ち、皮脂と混じり合うことによって、
弱アルカリ性の皮膚表面を弱酸性にして皮膚を保護します。

一方、皮脂は毛孔内に皮脂腺が開いていて、そこから分泌されます。
頭髪に油分を供給しパサつくのを防いでいますが、
肌にも油分、天然の保湿クリームを供給しています。
この皮脂の分泌は、性別、体質や食事などによって分泌される量に差があります。
バランスのよい食事をしていれば問題ありませんが、脂っぽいものを多く摂ると
多量の皮脂が分泌されて、過酸化脂質の状態になったりします。
皮脂の分泌が多いと、毛穴を詰まらせるほか老化を早める恐れもあります。
天然素材の石鹸などを使い清潔に保つ必要があります。

皮膚からの排泄物だけで、十分に肌の潤いは保たれ健康な肌が維持できるのに
余分なクリームなどをつける必要はまったくありません。

肌の排泄、つまり皮膚の代謝が正常ならば健康な肌は保たれます。
肌の代謝は、規則正しい生活、バランスのよい食事、そして腸の健康が大切です。
肌も腸も詰まらせてはいけません。

「肌も腸も詰まらせない」 それが美肌の秘訣です。




アボガドは美肌の王様とも呼ばれているフルーツです。
野菜として摂取している人も多く、海外ではすしネタにアボガドを食べることもあります。
このアボガドが美肌の王様と呼ばれるようになったのはその栄養価の高さからなんです。

アボガドに含まれる美肌成分の代表格はコエンザイムQ10です。
アンチエイジングケアとして大注目されているコエンザイムQ10は
細胞を活性化して老化を防ぎます。肌の老化に関しても例外ではなく、
肌の細胞を活性化して有害な活性酸素に対抗することで美肌にする効果があります。
そして同じく老化を防ぐ効果のあるビタミンEもアボガドには含まれるので
ダブルでアンチエイジング効果を出すことが出来るのです。

そのほかにアボガドの注目成分としてはオレイン酸が挙げられます。
オリーブオイルなどにも含まれるオレイン酸は便秘解消効果があるので
肌の状態もよくなります。また、アボガドに含まれるビタミンやミネラルは豊富で
体のバランスを整えてくれる効果があります。

アボガドを食べるときにお勧めなのはビタミンCと一緒に摂取することです。
美肌効果が更に高まりますので、レモンやグレープフルーツと一緒に食べてみてください。
また、焼いたりするよりは生で食べた方がアボガドの栄養成分がより生かされます。
サラダやジュースなどにしてみるのもよいでしょう。

そして、アボガドはフルーツの中では脂肪が多いので摂り過ぎないように注意して下さい。

バナナには栄養素としてビタミンやミネラルが豊富に含まれており、美肌効果もあります。

バナナの栄養成分としては、ビタミンB1・B2・B6・ナイアシンなどの
ビタミンB群が豊富に含まれている他、カリウムやマグネシウムといったミネラルや食物繊維も、
他の果物と比較して多く含んでいます。
また、コラーゲンの生成を助けたり、美白効果もあるビタミンCもきちんと含まれています。

ビタミンB6は肌荒れに効果的とされており、基本的に皮膚や粘膜の健康維持に
欠かせない成分であり、不足すると皮膚炎や口内炎などを生じやすくなります。

バナナには食物繊維が豊富なので整腸作用があり、
女性の悩みに多い便秘の改善や解消にも繋がり、体内に溜まった毒素などが
排出されやすくなることにより、ニキビや吹出物などの肌トラブルを予防・改善でき、
美肌効果も十分に期待できます。

更にバナナにはオリゴ糖も豊富に含んでいます。
オリゴ糖は腸内で善玉菌であるビフィズス菌などのエサ(栄養源)となり、
悪玉菌のエサにはなりにくいといった特徴があり、
オリゴ糖を積極的に摂る事で腸内環境が整い、
結果として便秘や下痢の解消に役立つといった効能があります。

いま、ムダ毛が気になる方で圧倒的に多いのが『顔のムダ毛』です。

特に、“小鼻の黒ずみ”や“口ヒゲ”を気にする人が増えています。

次に、『指のムダ毛』です。スマホの普及と比例するかのように、
指のムダ毛が気になる方が増えています。

仕事中、食事中、移動中など、スマホに触れている時間が多いためか、
今まで以上に指毛を気にしたり、周囲の視線が気になって仕方がない
という方も多いようです。

これからの季節、特に顔や手は保湿ケアも大切です。

寒くなってくると、乾燥が原因で白い粉を吹いたり、痒くて掻きむしったり・・・
ムダ毛も何とかしたいけど、保湿ケアも重要になってきます。

そこで、今の季節だからこそ使っていただきたいのが、
ムダ毛が薄くなる話題の抑毛ジェルコントロールジェルMEです。

『コントロールジェルME』には、ムダ毛と保湿の両方ケアできる成分が
たくさん含まれています。

顔の乾燥が酷くなれば、ムダ毛も自然と目立ってしまいます。

お顔や指のムダ毛を気にしている方は、いち早く、
ムダ毛が薄くなる話題の抑毛ジェル『コントロールジェルME』
をお使いすることをおすすめいたします。



濃いムダ毛が薄く細く自然に→話題の抑毛ジェル

保湿効果がある栄養素は脂肪の多い魚類、種実類、植物油などに含まれる
ビタミンEで、これに水分摂取を心がける必要があります。

乾燥の目立つ部位には保湿剤や保湿化粧品で潤いを与えたり、
加湿器などで生活空間の湿度を調整することも考慮しましょう。


■保湿対策に効果のある栄養素と食品

【ビタミンE】
たらこ・卵・うなぎの蒲焼・真鯛・にしん・ぶり・大豆・植物油・バター・マヨネーズ・ドレッシング・アーモンド・落花生・ごま・モロヘイヤ・かぼちゃ・アボカド

【脂肪の多い魚】
マグロのトロ・はまち・いわし・養殖真鯛・さば・にしん・ぶり・さんま・うなぎの蒲焼・鮭

【植物油】
オリーブ油・菜種油・しそ油・えごま油
お家でエステ!
炭酸パックでワンランク上の美肌を目指す!


シナジーンバブルパック

エステユースの高いクオリティをそのままに自宅で手軽に使用できるように改良した
シナジーンバブルパック

細かく発泡した炭酸パックが毛穴に入り込み毛穴に詰まった余分な皮脂や汚れを浮かせ、
ジェルを取り除いて洗い流すことできれいなお肌へと整え、こだわりの美容成分も配合した贅沢美肌ケア!
お顔全体に塗布し10分程度置くと・・・・
炭酸ガスが発泡し、お肌をきゅっと引き締めてハリのあるお肌へと導きます。細かく発泡した炭酸パックが毛穴の奥に入り込み、毛穴に詰まった余分な皮脂や汚れを浮かせ、ジェルを取り除いて洗い流すことで、きれいなお肌へと整えます。

ワンランク上の美肌を目指す、こだわりの美容成分を配合

プラセンタエキス、コエンザイムQ10(ユビキノン)が弾力のある輝きハリ肌へ、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Naが潤いのある保湿肌に導きます。さらに、ハマメリスエキスがお肌をきゅっと引き締め、洗い流した後は潤いのあるもっちり肌を実感できます。

炭酸ガス発生【ハリ・お肌の引き締め・ツヤ・輝き】
炭酸水素Na、クエン酸

【ハリ・弾力・輝き】
プラセンタエキス、コエンザイムQ10(ユビキノン)、EGF(ヒトオリゴペプチド-1)、ツルドクダミ根エキス、オタネニンジンエキス、チャ葉エキス

【お肌の引き締め】
ハマメリスエキス

【潤い】
加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、加水分解ダイズタンパク

「シナジーンバブルパック」の詳細を見る


 

ゴールデンタイムといわれる22時〜2時という時間は、生体リズムから考えられている時間です。
ヒトの肌の新陳代謝に大きく関係する深い睡眠のノンレム睡眠時に分泌される成長ホルモンは、寝入ったあと最初のノンレム睡眠のときに分泌がピークに達することから、“肌再生のゴールデンタイム”といわれています。

最近の研究では、「時計遺伝子」となるものが発見されたらしく、本来ヒトの生体リズムは1日25時間で刻まれているのを24時間にリセットする遺伝子のことで、この時計遺伝子は朝日を浴びることでスイッチが入り、約1時間のズレを修正するのだとか。

朝食をしっかりとることでこのズレを修正する働きがあるようで、朝食を抜くと生体リズムが崩れてカラダのバランスが崩れて肌の調子も体型も崩れてしまうことにつながることがわかっています。朝食を抜くと前の日の夕食から次の日の昼食まで何も口にしていないため、活動エネルギーを減らそうと脳が働き、代謝機能が落ちるとともに昼食に食べるものをカラダに余分に蓄えようと働くからです。

朝早起きしてしっかりバランスのよい朝食をとる事と、早く寝て成長ホルモンをきちんと分泌させることが、美肌をつくる秘訣のようです。
秋は他の季節に比べて季節的な肌荒れなどは少ない季節ではあります。
ただ、季節の変わり目というのは色々と体に偏重をきたすものです。
十分に注意しましょう。

また、夏の温かさから冬へ向かう間なので、どことなく寂しさなども感じる季節でもあります。

精神が乱れるのは秋が多いとも言われています。
ですので、精神が不安定になっている方は注意が必要です。
くわえて「食欲の秋」なので、胃の疲れなどからくる肌荒れには注意しましょう。

疲れが目立つ夏の終わりの肌。肌の健康を守ることは美容面でも重要な課題です。
紫外線や冷房による乾燥で弱った肌を守り、回復させる方法をご紹介します。


ストレスを溜めない規則正しい生活

皮膚が上手く入れ替わるためには十分な睡眠も必要。
できる限り睡眠不足を避け、その日の疲れはその日のうちに取るようにしましょう。
ストレスも肌の大敵。夜遅い時間に、お化粧を落とさないで寝てしまったり……
というのはもっての他です。十分注意しましょう。


ごしごし洗顔を止めて、肌の表面をいたわる

無理にこすらなくても、角質は自然と垢になって剥がれ落ちるもの。
角質にも、皮膚の水分と脂分を保つという大事な役割があるので、
無理やりはがそうとすると皮膚が乾燥し、シワや荒れが余計に目立ってしまうことがあります。

さらに、こすりすぎはシミの原因になる色素沈着を起こすことも……。
皮膚はとても薄く、デリケートな組織なので、大事に扱いましょう。


バランスのよい食事と、適度なビタミン摂取

皮膚を作るのは食事なので、栄養バランスの良い食事を、規則正しく摂りましょう。
ビタミンCは長い間内服すれば、シミをある程度薄くできます。

ビタミンAやC、Eは皮膚の老化防止に役立つといわれています。
ビタミンAはにんじん・ほうれん草など、
ビタミンEはアボガドやごま、ナッツなどに多く含まれます。
ポリフェノールなど抗酸化作用のあるものも美肌に効果的と考えられていますので
上手に摂取して、お肌の健康づくりに活かしましょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。