2012年08月

ここでは、2012年08月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トマトが美肌に良いというのは本当です。
様々な野菜の中でもトマトはバランスよくビタミン類を含んでいて、
赤い色の元でもあるリコピンを持っています。

リコピンにはアンチエイジング作用があるので
トマトを食べることでシワやたるみを防いだり、
トマトを食べる他にケアをすることでそのケアの効果を倍増させることも可能です。
その他ビタミンCなどの栄養成分もトマトの美肌効果の一端を担っている栄養素です。
ビタミンCは肌トラブルの改善の他、ハリを守る効果もあります。

トマトの食べ方ですが、基本的に美肌という側面から考えると
栄養をそのまま摂ることの出来る生の方が望ましいと言われています。

トマトはそれほど苦味のある食材ではないので飲み物にも適していて
野菜ジュースには必ずと言っていいほど入っていますし、
トマトの冷ジュースなどはお勧めです。

スポンサーサイト
ブ ロ グ・口 コ ミ で 話 題 沸 騰 ♪┃ \:/
…★… ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ …★…
/:\  【美顔器口コミランキング 堂々の1位 獲得】  /:\

      たくさんのモデル・芸能人・著名人の方が
      エステナードソニックを愛用しています!

───(定価)45,000円の美顔器が980円で購入できます☆───



★小顔のヒミツ★ホワイトソニックジェルがどんどん美肌へ導く!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
話題の美白成分プラセンタエキスがたっぷりはいっているから

シミ・そばかすを消し去って、ハリのある白い肌も手に入る!!

見て下さいこの結果!たった!1週間でこの変化!!

 ▼▼  詳細はコチラ>> ▼▼
バナナには栄養素としてビタミンやミネラルが豊富に含まれており、美肌効果もあります。

バナナの栄養成分としては、ビタミンB1・B2・B6・ナイアシンなどの
ビタミンB群が豊富に含まれている他、カリウムやマグネシウムといったミネラルや食物繊維も、
他の果物と比較して多く含んでいます。
また、コラーゲンの生成を助けたり、美白効果もあるビタミンCもきちんと含まれています。

ビタミンB6は肌荒れに効果的とされており、基本的に皮膚や粘膜の健康維持に
欠かせない成分であり、不足すると皮膚炎や口内炎などを生じやすくなります。

バナナには食物繊維が豊富なので整腸作用があり、
女性の悩みに多い便秘の改善や解消にも繋がり、体内に溜まった毒素などが
排出されやすくなることにより、ニキビや吹出物などの肌トラブルを予防・改善でき、
美肌効果も十分に期待できます。

更にバナナにはオリゴ糖も豊富に含んでいます。
オリゴ糖は腸内で善玉菌であるビフィズス菌などのエサ(栄養源)となり、
悪玉菌のエサにはなりにくいといった特徴があり、
オリゴ糖を積極的に摂る事で腸内環境が整い、
結果として便秘や下痢の解消に役立つといった効能があります。

疲れが目立つ夏の終わりの肌。肌の健康を守ることは美容面でも重要な課題です。
紫外線や冷房による乾燥で弱った肌を守り、回復させる方法をご紹介します。


ストレスを溜めない規則正しい生活

皮膚が上手く入れ替わるためには十分な睡眠も必要。
できる限り睡眠不足を避け、その日の疲れはその日のうちに取るようにしましょう。
ストレスも肌の大敵。夜遅い時間に、お化粧を落とさないで寝てしまったり……
というのはもっての他です。十分注意しましょう。


ごしごし洗顔を止めて、肌の表面をいたわる

無理にこすらなくても、角質は自然と垢になって剥がれ落ちるもの。
角質にも、皮膚の水分と脂分を保つという大事な役割があるので、
無理やりはがそうとすると皮膚が乾燥し、シワや荒れが余計に目立ってしまうことがあります。

さらに、こすりすぎはシミの原因になる色素沈着を起こすことも……。
皮膚はとても薄く、デリケートな組織なので、大事に扱いましょう。


バランスのよい食事と、適度なビタミン摂取

皮膚を作るのは食事なので、栄養バランスの良い食事を、規則正しく摂りましょう。
ビタミンCは長い間内服すれば、シミをある程度薄くできます。

ビタミンAやC、Eは皮膚の老化防止に役立つといわれています。
ビタミンAはにんじん・ほうれん草など、
ビタミンEはアボガドやごま、ナッツなどに多く含まれます。
ポリフェノールなど抗酸化作用のあるものも美肌に効果的と考えられていますので
上手に摂取して、お肌の健康づくりに活かしましょう。

保湿効果がある栄養素は脂肪の多い魚類、種実類、植物油などに含まれる
ビタミンEで、これに水分摂取を心がける必要があります。

乾燥の目立つ部位には保湿剤や保湿化粧品で潤いを与えたり、
加湿器などで生活空間の湿度を調整することも考慮しましょう。


■保湿対策に効果のある栄養素と食品

【ビタミンE】
たらこ・卵・うなぎの蒲焼・真鯛・にしん・ぶり・大豆・植物油・バター・マヨネーズ・ドレッシング・アーモンド・落花生・ごま・モロヘイヤ・かぼちゃ・アボカド

【脂肪の多い魚】
マグロのトロ・はまち・いわし・養殖真鯛・さば・にしん・ぶり・さんま・うなぎの蒲焼・鮭

【植物油】
オリーブ油・菜種油・しそ油・えごま油
入浴はもっとも効率的な美容・健康法です。

バスソルトは特に、その効果をより高めてくれます。
肌・身体を温め保温する温浴作用(温熱作用)が効果として出ます。


お風呂を上ってからポカポカと長く続く保温作用は、冷え性の方には
ありがたい作用です。

岩塩は、塩の主成分である塩化ナトリウムの他にもいくつもの
ミネラル成分が含まれています。そのミネラル成分が肌のたんぱく質と結びついて
皮膜を作り、それが保温作用や保湿作用となっているのです。

医薬品や医薬部外品の入浴剤とは違う、天然のミネラル成分が
肌にやさしいお湯を作り出します。

また、バスソルトを入れることでお湯を柔らかくすることができるので、
身体への負担が軽くなります。

肌の健康のためのバスソルト・ストア


  
美肌を目指すなら、蜂蜜を摂り入れてみませんか。
蜂蜜を取り入れることによって美肌に近づけるとして、注目されています。

蜂蜜は、殺菌・抗菌力を高め、お肌の中を殺菌してくれます。
また免疫力を高めてくれるので、風邪もひきにくくなります。

脳のエネルギー源になるので、脳を活性化させ集中力を高める効果もあり
胃腸の調子もよくなり、肌の調子も良くなることから美肌へとつながります。

蜂蜜を毎日摂ることで体の中から健康になり、自然と肌の調子も良くなっていきます。


蜂蜜はミネラルやビタミンが多く含まれる健康食品です。
カルシウムや鉄、ナトリウム、カリウム、ビタミンB1、B2、B3、葉酸も
多く含まれています。

料理の時に、砂糖や黒砂糖のかわりに蜂蜜を使えば、
蜂蜜は砂糖と比べると低糖なので、ダイエットにもつながります。

また料理をしない人には、蜂蜜入りドリンクやサプリメントを利用すると
効率よく蜂蜜を摂ることができます。

蜂蜜を使って洗顔する方法やパックなどもあります。
石鹸や洗顔料に蜂蜜を少し混ぜて使い、それで顔を洗って十分なお湯ですすいで流すと
うるおいがキープされしっとりとしたお肌になります。
蜂蜜を顔に塗って15分くらいしたら洗い流すパックもおすすめです。
アボガドは美肌の王様とも呼ばれているフルーツです。
野菜として摂取している人も多く、海外ではすしネタにアボガドを食べることもあります。
このアボガドが美肌の王様と呼ばれるようになったのはその栄養価の高さからなんです。

アボガドに含まれる美肌成分の代表格はコエンザイムQ10です。
アンチエイジングケアとして大注目されているコエンザイムQ10は
細胞を活性化して老化を防ぎます。肌の老化に関しても例外ではなく、
肌の細胞を活性化して有害な活性酸素に対抗することで美肌にする効果があります。
そして同じく老化を防ぐ効果のあるビタミンEもアボガドには含まれるので
ダブルでアンチエイジング効果を出すことが出来るのです。

そのほかにアボガドの注目成分としてはオレイン酸が挙げられます。
オリーブオイルなどにも含まれるオレイン酸は便秘解消効果があるので
肌の状態もよくなります。また、アボガドに含まれるビタミンやミネラルは豊富で
体のバランスを整えてくれる効果があります。

アボガドを食べるときにお勧めなのはビタミンCと一緒に摂取することです。
美肌効果が更に高まりますので、レモンやグレープフルーツと一緒に食べてみてください。
また、焼いたりするよりは生で食べた方がアボガドの栄養成分がより生かされます。
サラダやジュースなどにしてみるのもよいでしょう。

そして、アボガドはフルーツの中では脂肪が多いので摂り過ぎないように注意して下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。