2012年07月

ここでは、2012年07月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ何日も暑さが続いて、夏本番!ですね。
暑い夏といえば、いやなものが思い浮かびませんか?
そう、汗です。

「汗をかくとべたつき、テカリが・・・」「化粧が崩れる・・・」

汗をかくことが好きと言う人はいないのではないでしょうか?

冷房の効いた部屋でのんびり過ごすのは、快適ですが、
「汗をかく」効能は忘れたくないものです。

では、いい汗とはどんな汗なのでしょう?

汗には以下のような3つの種類があります。

・辛い味のものや、すっぱいものなどを食べたときに額や鼻などにかく汗。
 (味覚性発汗)
・暑い時や運動した時に体温調節のために体全体にかく汗。
 (温熱性発汗)
・緊張したり驚いたり興奮した時など感情の変化によって出てくる汗。
 (精神性発汗)

精神的なものも肌の状態に大きく影響します。精神性発汗は肌にとってもよくありません。

肌は弱酸性に保たれ、雑菌の繁殖を防いでいますが、精神性発汗による汗は
アルカリ性で黄色ブドウ球菌やアクネ菌など雑菌が繁殖しやすい環境になります。
皮膚にいる常在菌の中の肌にとってよくない雑菌が悪い汗を餌として繁殖するのです。

しかし、精神性発汗でなくとも汗がアルカリ性で悪い汗をかいている方が多いそうです。

肌にとっていい汗とは、大切なミネラル分が汗とともに体外に排出されないで、
ほとんどが血液中に再吸収され、水分だけが排出されるようになっている汗です。

汗をかかない生活をしていると、交感神経を鈍らせ、体の各器官が正常に働かなくなり
汗腺の機能も鈍り、ミネラル分の再吸収がおこなわれず、肌作りに必要なミネラル分が
水分と一緒に体外に排出されてしまいます。

悪い汗をかいて血液中のミネラル分を大量に出してしまうと、血液はこれを補うため、
体中の細胞からミネラル分を横取りしてしまい、細胞はミネラル不足になります。

すると、肌に影響が出てくるのです。夏バテにもつながります。

この汗は、普段から汗をかかない生活をしている人が、突然暑い場所に出た時にかきやすく、
大量な汗をかいてしまうことが多く、特有なにおいがあるそうです。

良い汗をかくには1日数回暑い飲みものを飲んで高体温に保ったり、ウォーキングなどの
軽い運動をしたり、入浴する時は浴槽につかったりして発汗する習慣をつけたり、
エアコンをつける場合も設定温度は、外気温の-5度以内にしたりするといいそうです。
良い汗をかいてお肌の環境を整えるように工夫することが必要です。

スポンサーサイト
胃腸の健康が美肌につながります。
美肌をめざすには、まずは腸内環境を整える事が大切です!

腸内環境を整えると言えば、ヨーグルト。
腸内の悪玉菌を抑え、善玉菌を増やして腸内環境を整え、
さまざまなお肌のトラブルの原因となる便秘を改善してくれます。

また、腸には免疫細胞全体の70%が集中しているので
腸内環境が良くなると免疫力が高まり、花粉症やアトピー性
皮膚炎などのアレルギー反応が抑えられます。

ヨーグルトには、美肌に大切なビタミンA群やB群もふくまれています。
さらに、美肌に必要なタンパク質が乳酸発酵によって腸で
吸収されやすくなっています。毎日100g以上のヨーグルトを食べると、
1週間程度で腸内のビフィズス菌が増えるそうです。


夏になり、日差しの強さもすごいでね。

肌へのダメージを残さないためにも、日差しへのスキンケアを心がけることが大切です。
肌の老化にも影響してきますので、面倒くさがらず、正しいお手入れをしたいものです。

夏の疲れた肌対策方法をご紹介します。

夏肌のスキンケアのコツ

ポイント1:キメ細かい泡で優しく洗顔を

汗をよくかき、メイク崩れなどもおきやすい夏。
自分が思っている以上に、肌は汚れています。
メイク落しや洗顔は手を抜かず、しっかり行いましょう。

ただし、絶対にゴシゴシ洗ってはいけません。
洗顔フォームや洗顔石鹸を使うときは、よく泡立てキメ細かい泡をたっぷりと作りましょう。
泡立ちネットなどを使用すると簡単に泡立てることができます。

作った泡を顔に乗せ、泡を肌の上で転がすように指の腹を使って、
顔の中心部分から外側に向けてクルクル回しながら優しく洗っていきます。
洗顔をするときは、汚れているからといって力を入れず優しく洗いましょう。
優しく洗うことで、キメ細かい泡が毛穴に入り込み、汚れを取り除いてくれます。

メイク落としや洗顔料はお肌に洗い残しがないように、丁寧に洗い流しましょう。
肌に残っていると、それが肌トラブルの原因になってしまいます。

ポイント2:化粧水パックを使うなど、保湿をしっかりと

夏は、じめじめし自分の肌が乾燥していることになかなか気づけません。

紫外線を浴びたりクーラーのきいた部屋に長くいると、肌はかなりダメージを受け、
乾燥しがちです。化粧水などや乳液などのスキンケアは手を抜かずにたっぷりしましょう。

3日に1度くらいのペースで化粧水のパックをしてしっかり肌に水分をいきわたらせれば、
その後の肌はもちもちに復活してくれます。

ポイント3:冷やした化粧水で肌をクールダウン

紫外線を浴びすぎると、夜になっても顔が熱くほてったように感じることがあります。
このほてりをその日のうちに抑えて開いた毛穴が引き締しめることで、
たるみやにきびなどの予防にもなります。

夏は化粧水を冷蔵庫で冷やし、入浴後のスキンケアでお肌を冷やしましょう。
冷たい缶ジュースなどを肌の上でコロコロ転がしても、簡単にほてりを抑えることができます。




紫外線は夏だけにとどまらず年中降り注いでいます。常に普段のスキンケアは丁寧に!

そして、できるだけ紫外線を浴びないよう、日傘や帽子、日焼け止めなどを
ちょっとの時間でも使うようにして、肌へのダメージを少なくしましょう。

紫外線対策と普段のスキンケアをしっかりすることが、美肌を維持するために重要なポイントです。

ママバターは、100%ピュアな天然の保湿成分シアバターを使用。
保存料や着色料はもちろん増粘剤も一切使用していないため、
赤ちゃんでも安心してお使いいただけます。

シアの実には、ビタミン成分A・B・C・D・E・F・Kが豊富に含まれているため、
保湿効果やお肌を保護する力があるといわれています。
また、オレイン酸、ステアリン酸・リノール酸などの美容成分が
多く含まれているため、お肌を乾燥から守りなめらかに保ちます。

肌なじみがよく、顔や髪だけでなく全身どこにでも使える天然保湿クリームです。


センシティブな赤ちゃんのお肌と、妊娠をきっかけに
身体や心の変化でセンシティブな状態にある
マタニティの方など、すべての肌タイプの方にお使いいただけます。

ママバター UVケアクリーム




 
人はもともと、美しい肌を保つ仕組み(自然免疫)を持っています。
この仕組みを大切にすれば、加齢による衰えを遅らせ、長く美しい肌を保つことができます。

肌から排泄される汗や皮脂には、肌にとって有効な成分が含まれています。

汗は、皮膚に無数にある汗腺から分泌されます。
体温が熱くなったときに汗を出して体温調節の働きをしますが、
汗の役目はこれだけではありません。
皮脂と混じり合って潤いを保ち、皮脂と混じり合うことによって、
弱アルカリ性の皮膚表面を弱酸性にして皮膚を保護します。

一方、皮脂は毛孔内に皮脂腺が開いていて、そこから分泌されます。
頭髪に油分を供給しパサつくのを防いでいますが、
肌にも油分、天然の保湿クリームを供給しています。
この皮脂の分泌は、性別、体質や食事などによって分泌される量に差があります。
バランスのよい食事をしていれば問題ありませんが、脂っぽいものを多く摂ると
多量の皮脂が分泌されて、過酸化脂質の状態になったりします。
皮脂の分泌が多いと、毛穴を詰まらせるほか老化を早める恐れもあります。
天然素材の石鹸などを使い清潔に保つ必要があります。

皮膚からの排泄物だけで、十分に肌の潤いは保たれ健康な肌が維持できるのに
余分なクリームなどをつける必要はまったくありません。

肌の排泄、つまり皮膚の代謝が正常ならば健康な肌は保たれます。
肌の代謝は、規則正しい生活、バランスのよい食事、そして腸の健康が大切です。
肌も腸も詰まらせてはいけません。

「肌も腸も詰まらせない」 それが美肌の秘訣です。




カフェイン入りは控えめに

コーヒー、紅茶、緑茶、烏龍茶、ココアといったカフェイン入りの
飲み物をたくさん飲んでいる人も多のではないでしょうか。
カフェインは神経興奮物質なので、大量に飲むと肌にも影響が出てきます。

特に夜に飲むと、睡眠にも悪影響があり、睡眠中の肌の再生にも支障をきたすので
夜は控えるようにした方がいいでしょう。
疲れたときに飲む栄養ドリンクもカフェインが多く入っているので、
頻繁に飲むようなことは避けましょう。


冷たいものより温かいもの

冷たい飲み物は体を冷やし、血行を悪くしてしまいます。
血行が悪くなると、栄養分が肌に行き渡りにくくなるので、
できるだけ温かいものを飲むように心がけましょう。

お風呂あがりや、運動のあとでも、冷たく冷えた飲み物をガブ飲みするのは
おすすめできません。できるだけ常温に近いものを飲むようにしましょう。
レストランでお冷を出されたときも、氷抜きでお願いするなどしましょう。

おすすめは、カフェインを含まないハーブティーやミントティーを、ホットで飲む。
ハーブティーにはいろいろな種類があります。
ビタミンCを含むローズヒップや、免疫力を高めてくれるエキナセア、
集中力を高めてくれるローズマリー、眠気を誘ってくれるカモミールティーなど、
美肌のためにいろいろなハーブティーを試してみてください。

バナナには栄養素としてビタミンやミネラルが豊富に含まれており、美肌効果もあります。

バナナの栄養成分としては、ビタミンB1・B2・B6・ナイアシンなどの
ビタミンB群が豊富に含まれている他、カリウムやマグネシウムといったミネラルや食物繊維も、
他の果物と比較して多く含んでいます。
また、コラーゲンの生成を助けたり、美白効果もあるビタミンCもきちんと含まれています。

ビタミンB6は肌荒れに効果的とされており、基本的に皮膚や粘膜の健康維持に
欠かせない成分であり、不足すると皮膚炎や口内炎などを生じやすくなります。

バナナには食物繊維が豊富なので整腸作用があり、
女性の悩みに多い便秘の改善や解消にも繋がり、体内に溜まった毒素などが
排出されやすくなることにより、ニキビや吹出物などの肌トラブルを予防・改善でき、
美肌効果も十分に期待できます。

更にバナナにはオリゴ糖も豊富に含んでいます。
オリゴ糖は腸内で善玉菌であるビフィズス菌などのエサ(栄養源)となり、
悪玉菌のエサにはなりにくいといった特徴があり、
オリゴ糖を積極的に摂る事で腸内環境が整い、
結果として便秘や下痢の解消に役立つといった効能があります。

今回ご紹介するのは、欧米の女性たちにも大人気の手軽な除毛パッド 
【楽ちんムダ毛処理】マジカルつるつるパッド です。
【楽ちんムダ毛処理】マジカルつるつるパッド
痛みも、化学薬品の使用も、面倒な作業もない、超簡単なムダ毛処理パッド。
肌の上でクルクルとパッドを撫でれば、ムダ毛でチクチクしていた肌も
まるでシルクのようななめらかさに。

こんな方にオススメです☆
●肌がデリケートな方 
●いつでもどこでもサッと除毛したい方 
●ムダなお金を掛けずにきれいに除毛したい方


※パットは2種類あります

<脚や腕のお手入れ(ワイドパッド)>
脚や腕のお手入れしたい箇所にシートを貼り付けたワイドパットを軽く当てて、
小さい円を描くように時計回りに数回、反時計回りに数回動かします。
綺麗にお手入れできるまでを繰り返し、お手入れが終わったら、
水やお湯で洗い流し、必要に応じてクリームや化粧水などで肌を整えます。

<お顔のお手入れ(ミニパッド)>
指にはめたミニパッドを軽く当てて、小さい円を描くように時計回りに数回、
反時計回りに数回動かします。綺麗にお手入れできるまで繰り返します。
お手入れが終わったら、水やお湯で洗い流し、必要に応じて
クリームや化粧水などで肌を整えます。



「【楽ちんムダ毛処理】マジカルつるつるパッド」の詳細を見る

 
胃腸の健康が美肌につながります。
美肌をめざすには、まずは腸内環境を整える事が大切です。

腸内環境を整えると言えば、ヨーグルト。
腸内の悪玉菌を抑え、善玉菌を増やして腸内環境を整え、
さまざまなお肌のトラブルの原因となる便秘を改善してくれます。

また、腸には免疫細胞全体の70%が集中しているので
腸内環境が良くなると免疫力が高まり、花粉症やアトピー性
皮膚炎などのアレルギー反応が抑えられます。

ヨーグルトには、美肌に大切なビタミンA群やB群もふくまれています。
さらに、美肌に必要なタンパク質が乳酸発酵によって腸で
吸収されやすくなっています。毎日100g以上のヨーグルトを食べると、
1週間程度で腸内のビフィズス菌が増えるそうです。
トマトが美肌に良いというのは本当です。
様々な野菜の中でもトマトはバランスよくビタミン類を含んでいて、
赤い色の元でもあるリコピンを持っています。

リコピンにはアンチエイジング作用があるので
トマトを食べることでシワやたるみを防いだり、
トマトを食べる他にケアをすることでそのケアの効果を倍増させることも可能です。
その他ビタミンCなどの栄養成分もトマトの美肌効果の一端を担っている栄養素です。
ビタミンCは肌トラブルの改善の他、ハリを守る効果もあります。

トマトの食べ方ですが、基本的に美肌という側面から考えると
栄養をそのまま摂ることの出来る生の方が望ましいと言われています。

トマトはそれほど苦味のある食材ではないので飲み物にも適していて
野菜ジュースには必ずと言っていいほど入っていますし、
トマトの冷ジュースなどはお勧めです。

ほうれい線を悪化させる代表的な原因は、3つあります。


(1)ハリ・弾力の低下
弾力があってハリのある若い肌は、表情の変化や重力に負けることなく
ピンと張った状態を保っています。ところが、紫外線による光老化や
乾燥・加齢によってハリや弾力が失われると、表情の変化によってしわが
つきやすくなったり、肌が自らの重みを支えきれなくなってしまいます。
ハリ・弾力の低下はほうれい線を深刻化させる最大の原因のひとつです。

ただ、このタイプのほうれい線はハリや弾力を取り戻せば解消に向かうため
コスメでのケアが最も効果を発揮しやすいタイプともいえます。
根気強くほうれい線対策を続けることがカギです。


(2)筋肉の衰えによるたるみ
顔を覆う筋肉のうち、頻繁に活躍する筋肉は全体のたった3割程度。
つまり顔の筋肉の大半があまり使われていないのです。筋肉は使わないでいると
衰える一方。皮膚の重みを支えきれなくなり、皮膚が垂れ下がってしまいます。
この「筋肉の衰えによるたるみ」が引き起こすほうれい線の解消のカギは、
ズバリ「筋トレ」。フェイササイズなどを取り入れたほうれい線対策が必須です。


(3)生まれつきの原因
ほうれい線の現れには骨格や筋肉の付き方など、生まれつきの原因も関係しています。
肌の衰えとは無縁な年頃からほうれい線で悩まれる方は多く、このような方の
ほうれい線は骨格や筋肉のつき方が関係しているようです。
赤ちゃんでもほうれい線がある子がいるのがいい例です。
このタイプのほうれい線はスキンケアだけでは解消が難しいため、
美容外科でのプチ整形的アプローチを加えた対策がオススメです。




★30代からのほうれい線ケア★Pure&Silk(ピュアアンドシルク)


「睡眠不足は美容の大敵」と、よく言われます。

夜更かしをした日の翌朝は、ファンデーションのノリが悪かったり
ニキビができてしまったり・・・というのもよくあることです。

睡眠と美容とは、とても深い関係があります。
睡眠不足になると、細胞の新陳代謝が遅くなり、老化や肌荒れの原因となって
シワやシミ、くすみ、たるみ、くま、乾燥、ニキビなど
様々なトラブルを引き起こしてしまいます。

睡眠と美容の関係のカギを握っているのが、成長ホルモンです。
成長ホルモンは、傷ついた細胞を修復し、細胞分裂を促してお肌を再生してくれます。
また、脂肪を分解してエネルギーに変える作用もあるので、ダイエットにも効果的です。

成長ホルモンは、日中の活動中には分泌されず、夜、体が休まり
リラックスした睡眠中に分泌されます。

特に、夜10時~2時までの4時間は、「お肌のゴールデンタイム」と言われ
成長ホルモンが最も活発になる時間です。この時間に質の良い眠りをとりましょう。

ホルモンの分泌は、体内時計と関係しているので、睡眠時間が短かいだけでなく
寝る時間が不規則だったり、眠りが浅かったりすると、成長ホルモンが十分に
分泌されなくなってしまい、細胞のターンオーバーが上手くいかなくなってしまいます。

良質の睡眠は、どんな美容液にも勝ると言われます。
美肌と美容のために、規則正しく、質の良い睡眠を心がけましょう。

シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen



美肌を目指すなら、蜂蜜を摂り入れてみませんか。
蜂蜜を取り入れることによって美肌に近づけるとして、注目されています。

蜂蜜は、殺菌・抗菌力を高め、お肌の中を殺菌してくれます。
また免疫力を高めてくれるので、風邪もひきにくくなります。

脳のエネルギー源になるので、脳を活性化させ集中力を高める効果もあり
胃腸の調子もよくなり、肌の調子も良くなることから美肌へとつながります。

蜂蜜を毎日摂ることで体の中から健康になり、自然と肌の調子も良くなっていきます。


蜂蜜はミネラルやビタミンが多く含まれる健康食品です。
カルシウムや鉄、ナトリウム、カリウム、ビタミンB1、B2、B3、葉酸も
多く含まれています。

料理の時に、砂糖や黒砂糖のかわりに蜂蜜を使えば、
蜂蜜は砂糖と比べると低糖なので、ダイエットにもつながります。

また料理をしない人には、蜂蜜入りドリンクやサプリメントを利用すると
効率よく蜂蜜を摂ることができます。

蜂蜜を使って洗顔する方法やパックなどもあります。
石鹸や洗顔料に蜂蜜を少し混ぜて使い、それで顔を洗って十分なお湯ですすいで流すと
うるおいがキープされしっとりとしたお肌になります。
蜂蜜を顔に塗って15分くらいしたら洗い流すパックもおすすめです。
アボガドは美肌の王様とも呼ばれているフルーツです。
野菜として摂取している人も多く、海外ではすしネタにアボガドを食べることもあります。
このアボガドが美肌の王様と呼ばれるようになったのはその栄養価の高さからなんです。

アボガドに含まれる美肌成分の代表格はコエンザイムQ10です。
アンチエイジングケアとして大注目されているコエンザイムQ10は
細胞を活性化して老化を防ぎます。肌の老化に関しても例外ではなく、
肌の細胞を活性化して有害な活性酸素に対抗することで美肌にする効果があります。
そして同じく老化を防ぐ効果のあるビタミンEもアボガドには含まれるので
ダブルでアンチエイジング効果を出すことが出来るのです。

そのほかにアボガドの注目成分としてはオレイン酸が挙げられます。
オリーブオイルなどにも含まれるオレイン酸は便秘解消効果があるので
肌の状態もよくなります。また、アボガドに含まれるビタミンやミネラルは豊富で
体のバランスを整えてくれる効果があります。

アボガドを食べるときにお勧めなのはビタミンCと一緒に摂取することです。
美肌効果が更に高まりますので、レモンやグレープフルーツと一緒に食べてみてください。
また、焼いたりするよりは生で食べた方がアボガドの栄養成分がより生かされます。
サラダやジュースなどにしてみるのもよいでしょう。

そして、アボガドはフルーツの中では脂肪が多いので摂り過ぎないように注意して下さい。

朝日新聞、ボディプラス、BETTY、ELLEマリアージュ他、
多くのメディアで掲載された商品です。


背中用美肌ゲル 背綺麗〜セキレイ〜 【医薬部外品・無添加】 60g背中用美肌ゲル 背綺麗〜セキレイ〜 【医薬部外品・無添加】 60g

背中肌のトラブルに悩む人は多いのに、なかなか良いコスメが見つからない。

背中肌の『ニキビ、ニキビ跡、美白、しみ、そばかす、くすみ』
等の悩みを抱える女性の声に応え、ワンステップ・ケアを実現できる
背中専用のオールインワン・ゲル『背綺麗~セキレイ~』が開発されました。

背綺麗は98.2%が美肌成分。しかも、医薬部外品。

グリチルリチン酸ジカリウムやプラセンタエキス、アラントイン、トレハロース、コラーゲン、ヒアルロン酸など、背中肌の悩みに有効となる9種の美容成分に加え、8種の植物性美白成分をプラスした贅沢処方。

また合成香料、着色料、鉱物油など無添加。
天然ローズの香りのぷるぷるゲルが肌にぐんぐん浸透し、しっかり潤うのにベタつきません。


【使用方法】
 入浴時やさしく洗った清潔な肌に、サクランボ大のゲルを気になる部分に良く伸ばしてお使いください。
 背中全体に利用される場合は、サクランボ大のゲルを2回に分けて塗布されることをお勧めします。
 *刺激の強いナイロンタオル等は避け、やさしく背中を洗浄してからお使いください。

「背中用美肌ゲル 背綺麗〜セキレイ〜 【医薬部外品・無添加】 60g」の詳細を見る

 
保湿効果がある栄養素は脂肪の多い魚類、種実類、植物油などに含まれる
ビタミンEで、これに水分摂取を心がける必要があります。

乾燥の目立つ部位には保湿剤や保湿化粧品で潤いを与えたり、
加湿器などで生活空間の湿度を調整することも考慮しましょう。


■保湿対策に効果のある栄養素と食品

【ビタミンE】
たらこ・卵・うなぎの蒲焼・真鯛・にしん・ぶり・大豆・植物油・バター・マヨネーズ・ドレッシング・アーモンド・落花生・ごま・モロヘイヤ・かぼちゃ・アボカド

【脂肪の多い魚】
マグロのトロ・はまち・いわし・養殖真鯛・さば・にしん・ぶり・さんま・うなぎの蒲焼・鮭

【植物油】
オリーブ油・菜種油・しそ油・えごま油
入浴はもっとも効率的な美容・健康法です。

バスソルトは特に、その効果をより高めてくれます。
肌・身体を温め保温する温浴作用(温熱作用)が効果として出ます。


お風呂を上ってからポカポカと長く続く保温作用は、冷え性の方には
ありがたい作用です。

岩塩は、塩の主成分である塩化ナトリウムの他にもいくつもの
ミネラル成分が含まれています。そのミネラル成分が肌のたんぱく質と結びついて
皮膜を作り、それが保温作用や保湿作用となっているのです。

医薬品や医薬部外品の入浴剤とは違う、天然のミネラル成分が
肌にやさしいお湯を作り出します。

また、バスソルトを入れることでお湯を柔らかくすることができるので、
身体への負担が軽くなります。

肌の健康のためのバスソルト・ストア


  
ママバターは、100%ピュアな天然の保湿成分シアバターを使用。
保存料や着色料はもちろん増粘剤も一切使用していないため、
赤ちゃんでも安心してお使いいただけます。

シアの実には、ビタミン成分A・B・C・D・E・F・Kが豊富に含まれているため、
保湿効果やお肌を保護する力があるといわれています。
また、オレイン酸、ステアリン酸・リノール酸などの美容成分が
多く含まれているため、お肌を乾燥から守りなめらかに保ちます。

肌なじみがよく、顔や髪だけでなく全身どこにでも使える天然保湿クリームです。


センシティブな赤ちゃんのお肌と、妊娠をきっかけに
身体や心の変化でセンシティブな状態にある
マタニティの方など、すべての肌タイプの方にお使いいただけます。

ママバター UVケアクリーム




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。