オススメ本

ここでは、オススメ本 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年私が買った中で、もっとも最高だった本。それが、今回ご紹介する南雲吉則さんの

50歳を超えても30代に見える生き方 「人生100年計画」の行程表  

です。

50歳を超えても30代に見える生き方 「人生100年計画」の行程表 (講談社+α新書)



この本には、40代の男の私も、すごく興味を持って、買った後も何回も読んでいます。

「20歳若返るシンプル生活術」
「細胞から若返る食事術」
「寿命が14歳延びる4つの習慣」
「肌は洗うとうるおわなくなる」
「完全栄養を摂る簡単な方法」
「甘いものの誘惑を断ち切る方法」
「誰でも実践できる花粉症の撃退法」
「一汁一菜ダイエットのすすめ」
「ゴボウのアクに若返りの秘密が」
「スポーツをすると健康になれない」
「歩くだけで燃える内蔵脂肪」

などなど、すごく参考にできる情報が数多く読めました。

できればその内容をここでご紹介したいものですが、
・・・勝手にアップしてしまうと著作権の問題になってしまうので
興味のある方は、ぜひ本をお読みになられることをおすすめします。




スポンサーサイト
今回ご紹介するのは、今年発行されたばかりのおススメ本
「Dr.牧田の新・美肌常識テスト40―まだ誰も知らない極秘スクープ連発! (美ライフデザイン研究所)」
です。

肌老化を内側から止めることが、40歳からの美容の真骨頂です。
肌の最新常識が抜き打ちテスト形式で解説され
まだ誰も知らない美肌の正解が書かれています!

Dr.牧田の新・美肌常識テスト40―まだ誰も知らない極秘スクープ連発! (美ライフデザイン研究所)



40代からのエイジングケアに必要なのは、なんといっても美しい肌を保つことです。
美肌をつくりだすことが老化を食い止めるための至上命題と言っても過言ではないでしょう。

そんな、肌年齢を止めたいと願う全ての女性のために、
アンチエイジング学会にも所属し、エイジングケアの第一線で活躍中の
銀座AGE牧田クリニック牧田善二先生が最新常識たっぷりの美肌メソッドを書かれています。
驚き連続のQ&A形式で、美肌作りの最前線が解説されています。

肌の美しさのために食べるべきものや、その食材の簡単レシピを紹介。
最新の研究で明らかになった新・エイジングケア成分や、そのとり方なども盛りだくさん。
肌だけでなく全身のアンチエイジングや更年期の悩み解消にもつながる情報がたっぷり。
「赤ワインと白ワイン、女性のエイジングケアにいいのはどちら?」
「吹き出物が気になったら、油を摂取したほうがいい?」
など、楽しいクイズ形式で自然に知識が身に付きます。

ぜひぜひ一度、ご覧になられることをオススメします。


今年になって私が買った最初の本。それが、今回ご紹介する南雲吉則さんの

50歳を超えても30代に見える生き方 「人生100年計画」の行程表  

です。

50歳を超えても30代に見える生き方 「人生100年計画」の行程表 (講談社+α新書)



いやぁ~ この本には、40代の男の私も、すごく興味を持って何回も読んでしまいました。

「20歳若返るシンプル生活術」
「細胞から若返る食事術」
「寿命が14歳延びる4つの習慣」
「肌は洗うとうるおわなくなる」
「完全栄養を摂る簡単な方法」
「甘いものの誘惑を断ち切る方法」
「誰でも実践できる花粉症の撃退法」
「一汁一菜ダイエットのすすめ」
「ゴボウのアクに若返りの秘密が」
「スポーツをすると健康になれない」
「歩くだけで燃える内蔵脂肪」

などなど、すごく参考にできる情報が数多く読めました。

できればその内容をここでご紹介したいものですが、
・・・勝手にアップしてしまうと著作権の問題になってしまうので
興味のある方は、ぜひ本をお読みになられることをおすすめします。




プレスブログという、ブロガー向けのサイトがあることは以前から知っていました。
実際、かくいう私も、プレスブログを利用している一人です。

ただ、その「プレスブログ」を立ち上げた人たちが、どのような人で、
どのような発案・努力・実現をしていったのか、までは、考えに至ったこともありませんでした。

それを紹介する本「謎の会社、世界を変える。エニグモの挑戦」が、
2008年3月14日にミシマ社より刊行されることになりました。



キャンペーンページでは「立ち読み」と称して、本のうちの第1章が読めるように
なっているのですが、いや~思わず引き込まれました。

某代理店にいた二人が、インターネットを利用した新たなアイディアを思いつく。
そして、その企画を、ブレイクし始めたばかりのホリエモン氏にプレゼンすることに。
80枚もあった企画書を、10枚に絞込んで、練習に練習を重ねて望んだプレゼン・・・

そうしたら、ホリエモンは何と、1枚目をみただけで、「これ面白い。やりましょう」
と即断した!!!   (・・・続)

う~ん、やっぱり成功する人というのは、普通の人とは違う思考回路を
持っているんでしょうか。そしてそれは、その人たちだけが持っているものなのか、
普通の人でも発想の転換によって持ちえるものなのでしょうか・・・。

この21世紀のなかで成功していくためのヒントを与えられているような、そんな気がします。

う~ん、はやく続きを読んでみたい!発売される日が待ち遠しいです。
「バッテリー」 あさのあつこ著





映画を観て、とても感動しました。
すごくいいお話です。

小説の方は、実はまだ読んでないのですが(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。