健康について

ここでは、健康について に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ママバターは、100%ピュアな天然の保湿成分シアバターです。
200万個完売の、超人気の天然シアバターコスメです♪

保存料や着色料はもちろん増粘剤も一切使用していないので、
たとえば赤ちゃんでも、安心してお使いできます。

シアの実には、ビタミン成分A・B・C・D・E・F・Kが豊富に含まれているため、
保湿効果やお肌を保護する力があるといわれています。
また、オレイン酸、ステアリン酸・リノール酸などの美容成分が
多く含まれているため、お肌を乾燥から守ってなめらかに保ちます。

肌なじみがよく、顔や髪だけでなく全身どこにでも使える天然保湿クリームです。


センシティブな赤ちゃんのお肌と、妊娠をきっかけに
身体や心の変化でセンシティブな状態にある
マタニティの方など、すべての肌タイプの方にお使いできます。

ママバター UVケアクリーム




 
スポンサーサイト
足の裏の皮膚が硬化する現象は、何らかの原因があって生じます。

たとえば、歩行中の靴の中に入った小さな石やカラスの破片・あるいは金属線が皮膚にめり込んだ場合、
これらの異物を排除するために、皮膚が盛り上がってきます。
この場合には、風呂上がりに毛抜きなどを使って柔らかくなった硬化皮膚を除去することにより、
表面に露出してくる異物を抜き取ることができます。
こうしたことは歩行中に発生しますので、長距離を歩く場合などには
厚めの靴下をはけば、ある程度防ぐことができるでしょう。

もう一つのケースは、水虫に感染した場合です。
水虫を排除しようという防衛機構が働いて、皮膚が盛り上がってきます。
この場合には、広範囲に皮膚の硬化、隆起が起こりやすいです。
水虫が原因の場合は、抗真菌剤を塗布して水虫菌を殺してから皮膚を除去する必要があります。
指の爪で皮膚を取る行為は絶対にしてはいけません。間違いなく爪水虫に感染します。

この他、ウイルス感染なども、皮膚硬化の原因になると考えられます。

いずれにしても、硬化した皮膚を除去することと、その原因を確かめて再発を防止することが
必要かつ大切なことです。
ここ最近はずっと暑さが続いていて、夏本番ですよね。
暑い夏といえば、いやなものが思い浮かびませんか?
そう、汗です。

「汗をかくとべたつき、テカリが・・・」「化粧が崩れる・・・」

汗をかくことが好きと言う人はいないのではないでしょうか。

冷房の効いた部屋でのんびり過ごすのは、快適ですが、ただし
「汗をかく」ことの効能は、忘れたくないものです。

では、いい汗とは、どんな汗なのでしょう?

汗には、以下のような3つの種類があります。

・辛い味のものや、すっぱいものなどを食べたときに額や鼻などにかく汗。 (味覚性発汗)

・暑い時や運動した時に体温調節のために体全体にかく汗。 (温熱性発汗)

・緊張したり驚いたり興奮した時など感情の変化によって出てくる汗。 (精神性発汗)

精神的なものも肌の状態に大きく影響します。精神性発汗は、肌にとってもよくありません。

肌は弱酸性に保たれ、雑菌の繁殖を防いでいますが、精神性発汗による汗は
アルカリ性で黄色ブドウ球菌やアクネ菌など雑菌が繁殖しやすい環境になります。
皮膚にいる常在菌の中の肌にとって、よくない雑菌が悪い汗を餌として繁殖するのです。

しかし、精神性発汗でなくとも汗がアルカリ性で悪い汗をかいている方が多いそうです。

肌にとっていい汗とは、大切なミネラル分が汗とともに体外に排出されないで、
ほとんどが血液中に再吸収され、水分だけが排出されるようになっている汗です。

汗をかかない生活をしていると、交感神経を鈍らせ、体の各器官が正常に働かなくなり
汗腺の機能も鈍り、ミネラル分の再吸収がおこなわれず、肌作りに必要なミネラル分が
水分と一緒に体外に排出されてしまいます。

悪い汗をかいて血液中のミネラル分を大量に出してしまうと、血液はこれを補うため、
体中の細胞からミネラル分を横取りしてしまい、細胞はミネラル不足になります。

すると、肌に影響が出てくるのです。夏バテにもつながります。

この汗は、普段から汗をかかない生活をしている人が、突然暑い場所に出た時にかきやすく、
大量な汗をかいてしまうことが多く、特有なにおいがあるそうです。

良い汗をかくには、1日数回暑い飲みものを飲んで高体温に保ったり、ウォーキングなどの
軽い運動をしたり、入浴する時は浴槽につかったりして発汗する習慣をつけたり、
エアコンをつける場合も設定温度は、外気温の-5度以内にしたりするといいそうです。

良い汗をかいてお肌の環境を整えるように工夫することが必要です。

夏になり、日差しの強さもすごくなってきましたね。

肌へのダメージを残さないためにも、日差しへのスキンケアを心がけることが大切です。
肌の老化にも影響してきますので、面倒くさがらず、正しいお手入れをしたいものです。

夏の疲れた肌への対策方法をご紹介します。

夏肌のスキンケアのコツ

ポイント1:キメ細かい泡で優しく洗顔を

汗をよくかき、メイク崩れなどもおきやすい夏。
自分が思っている以上に、肌は汚れています。
メイク落しや洗顔は手を抜かず、しっかり行いましょう。

ただし、絶対にゴシゴシ洗ってはいけません。
洗顔フォームや洗顔石鹸を使うときは、よく泡立てキメ細かい泡をたっぷりと作りましょう。
泡立ちネットなどを使用すると、簡単に泡立てることができます。

作った泡を顔に乗せ、泡を肌の上で転がすように指の腹を使って、
顔の中心部分から外側に向けてクルクル回しながら優しく洗っていきます。
洗顔をするときは、汚れているからといって力を入れず優しく洗いましょう。
優しく洗うことで、キメ細かい泡が毛穴に入り込み、汚れを取り除いてくれます。

メイク落としや洗顔料はお肌に洗い残しがないように、丁寧に洗い流しましょう。
肌に残っていると、それが肌トラブルの原因になってしまいます。

ポイント2:化粧水パックを使うなど、保湿をしっかりと

夏は、じめじめし自分の肌が乾燥していることに、なかなか気づけません。

紫外線を浴びたりクーラーのきいた部屋に長くいると、肌はかなりダメージを受け、
乾燥しがちです。化粧水などや乳液などのスキンケアは手を抜かずにたっぷりしましょう。

3日に1度くらいのペースで化粧水のパックをしてしっかり肌に水分をいきわたらせれば、
その後の肌はもちもちに復活してくれます。

ポイント3:冷やした化粧水で肌をクールダウン

紫外線を浴びすぎると、夜になっても顔が熱くほてったように感じることがあります。
このほてりをその日のうちに抑えて開いた毛穴が引き締しめることで、
たるみやにきびなどの予防にもなります。

夏は化粧水を冷蔵庫で冷やし、入浴後のスキンケアでお肌を冷やしましょう。
冷たい缶ジュースなどを肌の上でコロコロ転がしても、簡単にほてりを抑えることができます。




紫外線は夏だけにとどまらず年中降り注いでいます。常に普段のスキンケアは丁寧に!

そして、できるだけ紫外線を浴びないよう、日傘や帽子、日焼け止めなどを
ちょっとの時間でも使うようにして、肌へのダメージを少なくしましょう。

紫外線対策と普段のスキンケアをしっかりすることが、美肌を維持するために重要なポイントです。

6月に入って、肌荒れ・肌トラブルを起こしておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は6月から7月にかけては、気温も湿度も上がって、
汗腺の働きが盛んになり、一年のうちでもっとも皮脂分泌が多い時期です。
しかし、冬の間に汗をかく機会の少なかった方の汗腺は、衰えている可能性があります。

汗腺が衰えていると、汗と皮脂分泌のバランスが崩れやすく、
ニキビができたり、肌トラブルが増えたりするのです。

また、衰えた汗腺から出る汗は、老廃物を含んでいることもあります。
老廃物を含んだ質の悪い汗は、ベトベトした粘り気のある汗で、
良質の皮脂膜を作ることができません。

美肌になるためには、腺を鍛えて質の良い汗と皮脂をバランスよく出し、
良質な皮脂膜を作ることが大切なのです。



■汗腺を鍛える簡単な方法3つ


(1)毎日のお風呂で汗腺を鍛える

まず、浴槽に20cmくらい、熱めのお湯(43~44℃)を入れ、
風呂用のいすなどに座ってひざ下とひじから先だけを、10~15分間お湯につけます。

こうして手足の眠っている汗腺を目覚めさせるのです。

次に、同じ湯船にぬるま湯を足して36℃程度にし、10~15分間、半身、または全身を浸します。
このとき、湯船にコップ1杯ほどのリンゴ酢か、バスソルトを入れると、体が芯から温まります。

この方法なら、疲れを癒しながら汗腺を鍛えられるので、簡単に続けられます。


(2)飲み物や食べ物に生姜or生姜粉末を加えて、汗腺を鍛える

汗腺を鍛えるには、体をあたためる“生姜”を取り入れるのもひとつの手です。
ちなみに生姜には、発汗効果以外に嬉しい効果が3つあります。

なので、汗腺のためだけと思わず、取り入れてみてください。

・殺菌効果

・消炎効果

・胃腸を整え、疲労回復効果

なお、生姜はお風呂あがりに取り入れると、さらに効果的です。
入浴後の一杯は生姜ドリンクにしてみてはいかがでしょうか。


(3)できるだけエアコンをつけないようにして、汗腺を鍛える

湿度も高い今の時期は、ムシムシと暑く感じる日もありますよね。

しかし、汗腺を鍛えるためだけでなく、夏の暑さに適応できるように
するためにも、あえて温度調節をしないでみてください。

とはいえ、「どうしても」というときもあると思います。
そのときは、できるだけ冷房ではなく除湿を選ぶようにしましょう。




汗腺が鍛えられると、老廃物を含まない、質の良い汗をかくことができます。
良質な皮脂膜を作って、潤いのある肌を手に入れましょう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。