乾燥肌への対策

ここでは、乾燥肌への対策 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春は徐々に暖かくなってくる季節です。
この時期は、気温が上がるにつれて皮脂腺のはたらきが活発になり、
肌のうるおいやなめらかさを保つための脂の量が増えてきます。

また、血液の循環がよくなって、汗が出る量も増えてきます。
ですので、汗による汚れを落とすために、洗顔などは丁寧に行う必要があります。

ただ、春は暖かくなるとはいえ、初めの頃は、暖かい日と寒い日が
交互におとずれるものです。しかも、まだ湿度が低く、風の強い日が多いですので
乾燥には注意しなければなりません。
また、春は、昼は暖かくても夜は冷え込むなど、一日の中でも気温がはげしく変動します。

乾燥肌はこうした気温の変化に敏感ですので、注意が必要です。
春の乾燥肌対策の基本は、化粧水を多めにつけて水分補給し、
乳液・美容液・クリームなどで保湿し、乾燥しにくいようにすることです。

特に季節の変わり目は、肌のケアが遅れないように気をつけなければなりません。
たとえばこの季節は、紫外線が多くなってきますが、
肌は紫外線が少ない冬に合わせた状態がしばらく続くため、
メラニン色素(肌を紫外線から守る物質)がまだ少なく、肌の新陳代謝も低下したままです。
そこで、多くなってきた紫外線から肌を守るために、
UVケアを意識しておこなうことが必要となります。
スポンサーサイト
冬の季節になると、カサカサとお肌が乾燥してしまいがちですが
特に体の非常に乾燥しやすい部分が、足です。

特に女性の方の多くは、足のかかとが乾燥することでひび割れてしまい、
ストッキングを履くと伝線してしまったという体験をした人もいるのではないでしょうか。

皮脂腺が少ない足の裏はとても乾燥しやすい場所ですので、
肌のケアはとても大切になるでしょう。  

足の乾燥肌のケアの方法は、次のように行います。
まず、じっくりとぬるめのお湯に、全身を浸からせて毛穴を開かせましょう。
入浴した後は、顔のスキンケアと一緒に足の保湿も行い乾燥肌の対策に気をくばります。

足の乾燥を防ぐためにクリームを使うことが保湿には効果的になりますが、
クリームを使用する前に顔と同じように水分をローション等で補いましょう。

それから水分が逃げないように、クリームで肌にバリアを張ります。
かかとにひどい乾燥がみられる時には、さらにラップで肌を包みこんで
靴下を履いてから眠ると良いでしょう。
ただし、靴下を履いて眠ると血液の巡りが悪くなるので、冷え性の人などには逆効果となります。

重要なのは水分を十分に足に与えることで、その水分が逃げないように対処を行うようにします。
潤いを与えることが乾燥肌にとっては一番のケアになります。  
しかし、もし足のカサカサが水虫を発症したものによるのであれば、
決して乾燥肌を防ぐ作用のある尿素入りのクリームやオイル類などは使用せず、
皮膚科へ行って診てもらうのが賢明です。

足のケアを冬の間にしっかり続けていると、乾燥肌からくるカサつきを防いでくれるだけでなく、
夏に見せる素足に自信が持てるようになります。
次の夏に向けて、足の乾燥肌によるケアを怠らないように続けていく努力をしましょう。
冬になると、肌がカサカサになることも多いですが
カサカサになってしまった肌も、食事に気をつけることで改善させることができます。

乾燥肌は、肌から必要以上に水分が失われてしまう現象をいいます。
人の肌は水分を保つために、皮脂膜という天然の保湿クリームを作っています。
皮脂腺から排出された皮脂と汗によって、皮脂の表面に膜を作り、保護しているのです。
この皮脂腺が、現代人には少なくなっている といわれています。

乾燥肌対策にいいとされている栄養素は、ビタミンです。
特にビタミンA、B、Eは重要です。

ビタミンAは、肌に潤いをキープするだけでなく、
新陳代謝を正常にしてくれる働きがあります。
ビタミンAが多く含まれる食品の代表選手は、ウナギやレバーです。
そのほかに、サバやイワシなどの青魚、緑黄色野菜、わかめなどがあります。

次に、ビタミンBですが、ビタミンAと同じく新陳代謝を活発にしてくれるうえに
肌が乾燥することで起こる炎症を抑えてくれます。
ビタミンBが多く含まれる食品は、豚肉やレバー、卵、大豆などがあります。
中でも大豆には、ビタミンEと良質なたんぱく質が多く含まれていますので、
美肌には欠かせない食品です。
しかし、ビタミンBは、加熱すると壊れてしまうという欠点がありますので、
なるべく生で食べるようにするといいでしょう。
生で食べられるものの代表が納豆です。納豆の中に含まれるポリグルタミン酸には
保湿成分があり、化粧品にも使われています。

そしてビタミンEですが、これには肌に潤いを与え、
血液の循環をよくする働きがあります。
ビタミンEを多く含む食品には、ゴマやアーモンドなどのナッツ類があります。
簡単に手に入り食べやすいものですが、カロリーが高いので食べ過ぎには注意しましょう。

もう11月もあと5日で終わりです。
これから冬に向けて、乾燥知らずの肌になりたいですよね。

乾燥肌対策に向けて、ぜひご紹介したいのが、
シンシアガーデン
のナチュラル美容オイル「レガロオルガニコ」です。

◇天然由来成分100%
◇【6つの無添加】防腐剤、鉱物油、アルコール、合成香料、合成着色料、動物性原料
◇オーガニック認定アルガンオイル配合
◇スペイン産オリーブオイル、オリーブオイル由来スクワラン配合

天然由来成分100%の全身用、お肌に優しい6つの無添加だから
ご自身用はもちろん、赤ちゃんや敏感肌の方でも安心してお使いいただける
ファミリーユースのナチュラルオイルです。

乾燥した顔や目元、手足の潤いケアにもおすすめです。
目元や、髪など全身にお使いいただけます。

オイルの使い方は様々。
全身の保湿はもちろん、妊婦さんのストレッチマーク(妊娠線)対策、
お風呂に数滴垂らして入浴しながら保湿、
シャンプー前の頭皮マッサージにも最適です。

洗顔後、お化粧水の前につけると、
その後の化粧水の浸透がぐんとアップします。
もちろん、スキンケアの蓋としてもお使い頂けます。

また、配合されているアルガンオイルにはビタミンEが豊富に含まれており
目元や口元の小じわなどに効果的と言われております。

ナチュラルコスメ シンシアガーデン
乾燥肌とは、角質層の水分が足りない状態の肌のことで
水分も皮脂も足りないタイプと、
皮脂の分泌は多いけど水分が足りない、インナードライのタイプとがあります。


どちらのタイプの乾燥肌にも大切なスキンケアのポイントは、
皮脂膜を壊さない正しい洗顔と、充分な保湿で保水力のある角質を育てることです。


乾燥肌を変えるお手入れ法

毛穴の汚れや余分な皮脂だけを取り除く天然クレイ洗顔料を
少量のぬるま湯で少し泡立て、やさしくお顔全体に広げた後、
25℃~30℃くらいのぬるま湯で洗顔料を洗い流します。

すすぎ過ぎは皮脂を取りすぎることがありますので、注意しましょう。


洗顔後は、タオルで優しくおさえるように水分をふき取りましょう。
力を入れてゴシゴシ拭くと角質が傷ついてしまいます。


洗顔後はすぐにローションで保湿をするのがポイント。
優しくじっくり時間をかけて、たっぷりローションを浸透させましょう。

週に2回はフェイスマスクをすると効果的です。
その上からラップをするとより効果的です。
マスクは10分間くらいで大丈夫です。それ以上長くマスクをする場合、
シートが乾燥して逆に肌の水分を吸い取らないように注意してください。


その後は、保水力のあるヒアルロン酸やコラーゲンなどの
保湿成分が配合されているゲルや美容液などでしっかり保湿をしましょう。


体の中からの水分補給も大切です。水分を補給しましょう。
コーヒーやお茶など利尿作用が高いものは、かえって乾燥させてしまいますので、
お水を飲むようにしましょう。
お水はあまり冷たすぎるものは避け、常温に近いものの方が吸収がいいと言われています。


乾燥しがちな時期を乗り越えましょう!

●誰でも簡単にできる乾燥肌改善法


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。