花粉症対策

ここでは、花粉症対策 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春になり、花粉症になった方も多いのではないでしょうか。

花粉症の最大の症状と言えば、とめどなく出てくるくしゃみと鼻水です。
そして、鼻をかむことによる肌荒れや肌の乾燥も、大きな問題ですよね。
酷くなると、柔らかいティッシュを使ってもヒリヒリしちゃう・・・ なんて事も。
鼻周りの皮膚を保護する方法としては、以下のとおりです。


ウェットティッシュを使う

柔らかいティッシュは、普通のティッシュより高いです。
花粉の時期は一日にティッシュをたくさん使い切ることも多いので、できれば安く済ませたいですよね。
そんな時にオススメなのが、ウェットティッシュです。
濡れているため、肌当たりは限りなく優しいです。
百均に売られているようなモノで十分なので、試してみてください。


リップクリームを使う

外出先で鼻の下がヒリヒリし始めて、とりあえず応急処置がしたい。
という時は、リップクリームを鼻の下に塗りこむことで、急場しのぎができます。
ただしメントール系のスースーするリップはヒリヒリを助長させてしまいますので注意です。


マメにクリームを塗る

鼻の下にクリームを塗ってから鼻をかむと
クリームが保護してくれて肌荒れや皮ムケが少なくなります。
クリームとティッシュを同じ場所に置いて、鼻をかむ前に一塗り。
を続けていくと良いですね。



花粉の時期、せめて肌荒れだけでも回避して、乗り越えて行きましょう。


スポンサーサイト
春になり、花粉症になっていた方も多いことでしょう。

花粉症の最大の症状と言えば、とめどなく出てくるくしゃみと鼻水。
そして、鼻をかむことによる肌荒れや肌の乾燥も、大きな問題ですよね。
酷くなると、柔らかいティッシュを使ってもヒリヒリしちゃうなんて事も。
鼻周りの皮膚を保護する方法としては、以下のとおりです。


ウェットティッシュを使う

柔らかいティッシュは、普通のティッシュより高いです。
花粉の時期は一日にティッシュをたくさん使い切ることも多いので、できれば安く済ませたいですよね。
そんな時にオススメなのが、ウェットティッシュです。
濡れているため、肌当たりは限りなく優しいです。
百均に売られているようなモノで十分なので、試してみてください。


リップクリームを使う

外出先で鼻の下がヒリヒリし始めて、とりあえず応急処置がしたい。
という時は、リップクリームを鼻の下に塗りこむことで、急場しのぎができます。
ただしメントール系のスースーするリップはヒリヒリを助長させてしまいますので注意です。


マメにクリームを塗る

鼻の下にクリームを塗ってから鼻をかむと
クリームが保護してくれて肌荒れや皮ムケが少なくなります。
クリームとティッシュを同じ場所に置いて、鼻をかむ前に一塗り。
を続けていくと良いですね。



花粉の時期、せめて肌荒れだけでも回避して、乗り越えて行きましょう。


筑波大の研究チームが今日、
「スギ花粉症の患者がバナナを継続的に食べると、
くしゃみなどの自覚症状が一部改善された」
とする臨床研究の結果を発表しました。

花粉症のマウスを使った実験で、3週間バナナを摂食させたグループでは、
アレルギー反応を引き起こすIgE抗体などが減少していることを発見したとのことです。

比較的軽度の患者52人を、バナナ200グラム(約2本分)を毎日8週間食べ続けるグループと、
全く食べないグループに分け、症状の変化を調べたそうです。

その結果、血液中のIgE抗体や好酸球などアレルギー反応に関連する物質に
変化は見られなかったけど、バナナを食べたグループでは、
「くしゃみが軽くなった」と感じる患者が多かったそうです。
 
教授は「仮説だが、バナナに多いビタミンB6はセロトニンなどの
脳内伝達物質の合成を促進する。セロトニンは抑うつ気分を改善させるため、
症状が軽減されたと感じるのではないか」と話しています。

花粉症をなくしたいと思っておられる方は、バナナを毎日摂取されてみてはいかがでしょうか。
春になり、花粉症になっていた方も多いことでしょう。

花粉症の最大の症状と言えば、とめどなく出てくるくしゃみと鼻水。
そして、鼻をかむことによる肌荒れや肌の乾燥も、大きな問題ですよね。
酷くなると、柔らかいティッシュを使ってもヒリヒリしちゃうなんて事も。
鼻周りの皮膚を保護する方法としては、以下のとおりです。


ウェットティッシュを使う

柔らかいティッシュは、普通のティッシュより高いです。
花粉の時期は一日にティッシュをたくさん使い切ることも多いので、できれば安く済ませたいですよね。
そんな時にオススメなのが、ウェットティッシュです。
濡れているため、肌当たりは限りなく優しいです。
百均に売られているようなモノで十分なので、試してみてください。


リップクリームを使う

外出先で鼻の下がヒリヒリし始めて、とりあえず応急処置がしたい。
という時は、リップクリームを鼻の下に塗りこむことで、急場しのぎができます。
ただしメントール系のスースーするリップはヒリヒリを助長させてしまいますので注意です。


マメにクリームを塗る

鼻の下にクリームを塗ってから鼻をかむと
クリームが保護してくれて肌荒れや皮ムケが少なくなります。
クリームとティッシュを同じ場所に置いて、鼻をかむ前に一塗り。
を続けていくと良いですね。



花粉の時期、せめて肌荒れだけでも回避して、乗り越えて行きましょう。


今年の花粉は、例年の3倍から7倍といわれています・・・
しっかり対策していきましょう!

服についた花粉を取り除くには…… 洗濯です。
でも外では花粉が盛んに舞っていてどうにも干せない、という今の季節。
何に注意したらよいのでしょうか。

午後1時から3時は、花粉の飛散量がピークとなる時間帯ですので
この時期は屋内で干すようにするか、乾燥機を使うとよいでしょう。

「外に干したい!」という方は、ピークの午後1~3時を必ず避けて、
夕方から夜にかけて干すといくらかよいでしょう。

取り込む時には洗濯物をよ~くはたいて、
ブラシや粘着テープのコロコロなどで花粉を取り除けば安心です。


また、サイズの大きな布団やシーツ類は、干す場所が限られます。
仕方なく外に干すときは、花粉の進入を防ぐ専用の布団カバーがよいです。

で、お布団を取り込む際には、
清潔な吸引口を取り付けた掃除機で、花粉を吸い込むと良いでしょう。

寝具は顔や皮膚に直接触れるうえに、睡眠時間を過ごすものなので、
特に厳重に花粉からガードしておきましょう。

一度布団の中に入り込んだ花粉は、掃除をしても
すべてを綺麗に取り除くことは相当に難しいそうです。



しっかり対策して花粉をガードしましょう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。