未分類

ここでは、未分類 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近のインターネットで見られる地図というのは、本当に進化してますね。
ヤフーにしろ、グーグルにしろ。

詳細な地図に、家の屋根まではっきりと見える航空写真。
いや~、改めて、21世紀の情報機能はものすごい!


と思っていたところへ、最近新たに、すごい地図があることを発見しました。

それは、東京海上日動が開設した「安心Worldナビ」。



地図上に、みんなが様々な情報を投稿し、
便利で安全に役立つ地図にしていこうという、
暮らしに役立つ情報マップです。

例えば、
「ここは危険な場所なので注意しましょう」とか、
「この道は事故が起こりやすいので、注意して通りましょう」とか。

他にも、お薦めの散歩道とか自然を楽しめる場所、おいしいレストラン情報など、
参考になる情報をみんながどんどん書き込んでいける地図なんです。

パッと見てみると、すでに首都圏だけで、もうかなりの書き込みが!
しかも、これからもどんどん増えていくこと間違いなしです。

この地図は、なかなか使えそうですよ。

「健康をサポートする」本ブログの管理人としては、
「安心・安全な食を提供してくれるお店を投稿できる」カテゴリに注目したいです。
スポンサーサイト
アフリカで観光旅行といえば、エジプトのピラミッドか野生の動物を見たいですよね。

サファリツアーというと、ケニアくらいしかイメージにわきませんが
実は、アフリカ大陸最南端の国、南アフリカも実は見どころが多いようです。

南アフリカには国立公園が300もあるんですって。
で、その多くで動物たちを間近に見られるサファリツアーを体験できるそうです。

「ビッグ・ファイブ」と呼ばれるライオン、ヒョウ、バッファロー、ゾウ、サイ
といった野生動物たちが見られる国立公園が多いんだとか。

う~ん南アフリカ、なかなか魅力的ですね。
2010年にはサッカーW杯も行われますしね。




そういえば、南アフリカ観光局は「Veritaサイト」内に、南アフリカへのペア往復航空券が当たるプレゼントキャンペーンも実施しているんですって。

おお~、こんなこと呑気に書いてる場合じゃない・・・
早く応募しようっと!!!



今度は、
【外貨ex】のサイバーエージェントFX

を見てみよう。

【外貨ex】

の場合、一回の取引額に関係なく、手数料は業界最低水準の片道3銭。デイトレードの決済手数料は無料なんだそうな。

また、「外貨ex」では手軽な1,000通貨単位からの取引に対応。証拠金1万円で、1,000米ドルのお取引が可能だそうな。(レバレッジ10倍コースの場合)

はじめての外国為替証拠金取引、まずは1万円からはじめてみることも可能なのだ。
さて、実際にFXがどのような流れで売買するのか、
コスモ証券「ネットレFX」

を例にとって見てみよう。

コスモ証券「ネットレFX」
の場合、手数料は1万通貨ごとに片道365円(税込)。1万ドル=約120万円を買うときの手数料が365円なので、これは安いといっていいだろう。

本日20:57現在のスプレッドは、
買い気配120.50円、売り気配120.51円。
つまり、1万ドル分を買うときには1,205,100円、
逆に1万ドル分を売るときには1,205,000円という値段になるわけだ。

昨日5月15日のスワップポイントは、米ドル-日本円で156ポイント。
ん、これって、1日で156円分が受け取れるってこと??

(続く)




さて、実際にFX売買を行う際には、
「スプレッド」が大きな要因となる。

実際にFXを始めると、提示される外国為替レートが
二本値になっていることに気付く。

たとえば、「120.25‐120.30」というように。

この場合は、投資家から見て
「120円25銭で1ドルを売れる。
 120円30銭で1ドルを買える。」

という意味になる。そして、両者の差額に相当する5銭が、
スプレッドという名のコストになるわけだ。

FX会社のなかには為替手数料を無料にしているところもある。
ただ、その分、スプレッドを高めに設定している会社もある。

FX会社のコスト比較をする場合は、為替手数料だけでなく、
スプレッドも合わせてチェックすることが重要になるのだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。